頭皮が臭い理由とは?【治った人と治らない人の違い】男のニオイの原因と消すケア対策

頭皮が臭いのが治った人と治らない人の違いヘアケア
ヘアケア
こんな人におすすめのページ!!
  • 頭皮が臭いのが治った人のブログを探している人
  • ニオイの種類によって、何が原因になっているのか調べている人
  • 頭のニオイが治った人と治らない人には、どんな違いがあるのか知りたい人
スポンサーリンク

頭皮が臭い理由

自分の頭皮が臭いと感じ始め、治った人のブログを見るなどしてニオイ対策を調べてる人は多いと思います。

ニオイを消したいと考えるならば、まずは何が理由で頭が臭くなっているのか知る必要があります。

女性より男性の方が臭くなりやすい【とくに10代~20代】

頭皮が臭い理由となるニオイ物質は複数ありますが、どれも根源となるのは頭皮に分泌されている「皮脂」と「汗」です。

皮脂と汗が時間経過や紫外線によって酸化したり、皮膚常在菌に分解されることで悪臭がする物質へ変化します。

つまり

皮脂や汗の分泌量が多い人のほうが、頭皮が臭くなりやすい

皮脂の分泌量はいろんな物の影響を受けますが、その1つとして男性ホルモンのテストステロンがあげられます。

男性のほうがテストステロンが多く、皮脂分泌を研究した論文でも男の方が皮脂量が多いという結果が出ています。

思春期の男女は分泌機能が良く, 特に男子の方が盛んである。

出典元:皮脂分泌の動態に関する研究 (その1)-CiNii

皮脂分泌は加齢と共に減っていくことも分かっているため、10代や20代の男子がとくに多いです。

つまり

女性より男性の方が皮脂分泌量が多いため、頭皮が臭くなりやすい

皮脂や汗が、どんなニオイ物質に変化するのか解説します。

すっぱいニオイ

人間の皮膚には約20種類ほどの皮膚常在細菌(ブドウ球菌やアクネ菌など)が存在しています。

そして、頭皮の皮膚常在細菌は皮脂と汗をエサにすることで繁殖したり、いろんな種類の脂肪酸を生成します。

脂肪酸は悪い病原菌などから頭皮を守ってくれますが、その中の低級脂肪酸(短鎖脂肪酸)から発せられるのが「すっぱいニオイ」です。

つまり

頭皮からすっぱいニオイがする場合は「皮脂」「汗」「常在菌」が多量のせいで、低級脂肪酸が増えた状態です。

油臭い【30代~40代】

油臭いニオイを発する原因物資は、下記の2つです。

  • 過酸化脂質
  • ジアセチル

それぞれ解説します。

過酸化脂質

皮脂や脂肪酸は、時間経過や紫外線によって過酸化脂質に変化します。

過酸化脂質とは酸化して固まった油のことで、フライパンの油汚れなどもこれに該当します。

油臭いニオイを発し、頭皮に出来てしまうと毛穴をつまらせシャンプーしても中々落とせないので厄介です。

ジアセチル【おやじ臭、おばさん臭】

30代~40代に多い油臭い原因物質は「ジアセチル」であると、株式会社マンダムが特定しました。

ミドル脂臭と名付けられ、汗に含まれる乳酸を皮膚常在細菌が変化させることで生成されるそうです。

「表皮ブドウ球菌」、「黄色ブドウ球菌」が汗中の「乳酸」を取り込んで代謝し、ピルビン酸、アセトインに変化する過程を経て、最終的に悪臭を放つジアセチルがつくり出されることが明らかとなったのです。

出典元:30~40歳代男性特有のミドル脂臭の正体-株式会社マンダム

ジアセチルは20代から増え始め、30代後半~40代にピークを迎えます。

加齢臭の一歩手前であり、おやじ臭やおばさん臭と呼ばれる物がこれです。

加齢臭【40代後半~50代以降】

男女問わず40代後半あたりから皮膚常在菌が、パルミトレイン酸と呼ばれる脂肪酸を多く生成するようになります。

パルミトレイン酸と過酸化脂質が結合し、それをさらに常在菌が分解することでノネナールと呼ばれる物質が生成されます。

このノネナールが加齢臭の正体です。

つまり

40代後半あたりから油臭い原因の過酸化脂質を作ってしまうと、ノネナールと言う物質に変化して加齢臭を発します。

腐った生ゴミのニオイはストレスが原因

不安や緊張といったストレスが加わると硫黄化合物系のニオイが発せられ、その原因物質が資生堂の研究で解明されました。

ジメチルトリスルフィド(DMTS:dimethyl trisulfide)とアリルメルカプタン(AM:allyl mercaptan)という2つが「ストレス臭」の主要成分であることを見出しました。資生堂はこれらを「STチオジメタン」と命名。

出典元:発見!ストレス臭の正体!|エージーデオ24|資生堂
つまり

頭から腐った生ゴミのような硫黄化合物系のニオイがした場合、強いストレスを受けています。

うんちのニオイ

腸内環境が悪いと便が溜まった状態が長時間続き、腐敗臭のする物質が発生します。

この物質が血液に溶けこんだ状態で頭に運ばれ、汗として排出されることで頭皮から「うんちのニオイ」がするようになります。

つまり

頭皮からうんこの匂いがする場合、腸内環境が悪いことが原因です。

甘酸っぱい匂いは病気の可能性

糖尿病になると、甘酸っぱい匂いがするアセトン(ケトン体)という物質が血液中に多く含まれるようになります。

ケトン臭ともよばれ、汗として排出されることで頭皮などから甘酸っぱい匂いがするようになります。

頭皮に限らず甘い体臭がするようになった場合は糖尿病の注意が必要で、甘酸っぱくなると病気が進行している可能性が高いです。

外気のニオイが付着

下記のような外気のニオイによって、頭皮や髪が臭くなることがあります。

  • 車の排気ガス
  • タバコの煙
  • 飲食店(焼肉屋など)

とくに髪が痛んでキューティクルが傷ついていると、ニオイがつきやすいです。

頭が臭いのが治った人と治らない人の違いから分かるケア対策

頭に限らず体臭が臭い場合は、香水や消臭スプレーなどで誤魔化すことは可能です。

しかし、香料が薄れていくと臭いニオイが復活してしまうため、効果は一時的です。

根本的に頭が臭いのを治したい場合、ニオイ物質の量を減らさなければいけません。

においを消すためにできるケア対策を、頭が臭いのが治った人と治らない人の特徴を比較しながら解説します。

食べ物でニオイを消す

ニオイ物質の根源となる皮脂と汗の、分泌量や成分比率は食べ物の影響を大きく受けます。

治った人の食べ物
梅干しや海藻類
アルカリ食品であるこれらは、ニオイ物質を生成する皮膚常在菌の繁殖を抑える
野菜や果物
抗酸化物質として知られるビタミンなどは、皮脂が過酸化脂質に変化するのを抑える
納豆やヨーグルト
腸内環境を整え、血液中にニオイ物質が溶け込むのを抑える

とくに野菜や果物はアルカリ食品でもあるため、積極的に摂取することで頭皮のニオイを消す可能性が高いです。

治らない人の食べ物
肉類や乳製品
これらに含まれる動物性脂質は、頭皮の皮脂分泌量を増加させる
辛い食べ物
汗と皮脂の分泌量を増加させる
にんにくやアルコール
血液中にニオイ物質が含まれるようになり、汗が臭くなる

肉類はオックスフォード大学の研究実験でも、体臭のニオイが強くなるという結果が出ています。

17人の男性を肉ありと肉無しの食事グループに分け、24時間後に30人の女性がニオイを評価するものです。

男性が付けていた脇パットで女性はニオイを判定し、1か月後は肉の有無を反対にして実験を行いました。

the odor of donors when on the nonmeat diet was judged as significantly more attractive, more pleasant, and less intense.

【Google翻訳】肉以外の食事をしているときのドナーの匂いは、著しく魅力的で、より心地よく、そしてそれほど強くないと判断された。

引用元:The Effect of Meat Consumption on Body Odor Attractiveness-OXFORD ACADEMIC

肉を食べていない男性グループの方が、体臭が少ないという結果になりました。

頭の洗い方と乾かし方

頭を洗う時に、臭いニオイの根源となる皮脂と汗などの汚れを落とす事ができます。

そのため、頭皮が臭いのが治らない人は、汚れの洗い落としが不十分な可能性が高いです。

治った人の洗い方と乾かし方
皮脂が過剰にならない程度に、しっかりとシャンプーで洗えている
>>正しい髪の洗い方とは?【頭皮を救う】
お風呂後はドライヤーで素早く乾かしている
>>ドライヤーのかけ方とは?【風を味方に】
治らない人の洗い方と乾かし方
お風呂に入らない日や、汚れが多いのに湯シャンをしている
>>湯シャンの人は臭い?【相性次第でイイ匂い】
>>髪を洗わないとどうなる?【やらない自分を正当化】
自然乾燥
頭皮の湿った状態が長く続くことで、ニオイ物質を生成する菌が増殖

また、シャンプー剤には皮脂や汗の汚れを落とす以外に、香り付けという効果もあります。

睡眠時間

睡眠不足によって、ストレスや体の疲れがたまっていきます。

上で解説した通り、ストレスを受けると腐った生ゴミのようなニオイを放つSTチオジメタンが増加します。

また、精神的に疲労している時は、皮脂の分泌量が多いです。

そのため、徹夜や寝不足の日に、頭皮や髪がベタついたことがある経験をしている人は多いと思います。

皮脂が多いということは、ニオイ物質も多くなるため頭が臭くなりやすいです。

つまり

頭皮が臭いのを治したい場合は、睡眠時間を確保して疲れをしっかりと取る必要があります。

紫外線対策

紫外線を浴びると、皮脂が過酸化脂質に変化しやすくなることがわかっています。

自然光を6h照射することにより照射前に比べ角層表層では5.3倍,2層目以降でも2.0~2.7倍過酸化脂質量が増加した。

出典元:角層中における過酸化脂質及び皮表脂質の分布と洗浄による除去

過酸化脂質は油臭くなったり、加齢臭を増やす原因です。

そのため、頭皮が臭いのを治したい場合、外にいるときは帽子や日傘をさして紫外線対策を行ったほうが良いです。

まとめ

頭皮が臭い理由は、皮脂や汗がニオイ物質に変化してしまうからです。

食べ物によってニオイ物質の量を抑えたり、皮脂や汗を毎日しっかり洗い落とすことでニオイを消すことができます。

また、甘酸っぱい匂いがする場合には、糖尿病の可能性があるため注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました