湯シャンのベタつきはどうすべき?【頭皮と手に脂が】いつまで続くかやクエン酸の懸念

湯シャンのベタつきはどうすべきか湯シャン
湯シャン
こんな人におすすめのページ!!
  • 湯シャンで頭皮がベタつくようになり、悩んでいる人
  • いつまで湯シャンを続ければ、べたべたが治まるのか知りたい人
  • クエン酸などを使ってみようか迷っている人
スポンサーリンク

湯シャンのベタつきはどうすべきか

湯シャンを始めたら頭皮がベタつくようになり、悩んでいる人は多いと思います。

触ってみると手に脂がつき、不快感を感じているのではないでしょうか。

湯シャンの効果については、下記でまとめて解説しています。

>>湯シャンの効果とは?【期待しすぎ禁物】

べたべたはなぜ起こるのか

皮脂と皮脂腺の様子

頭皮には保湿や保護の目的で、毛穴から常に皮脂(ひし)が分泌されています。

必要以上に増えると臭くなったり頭皮トラブルの原因になるため、定期的に洗髪して減らすことは必須です。

>>湯シャンが臭いと言われる理由とは?【ニオイ消し対策】

シャンプー剤には水と油を混ぜる界面活性剤が含まれており、皮脂を効率よく落とす事ができます。

しかし、湯シャンでは油分が水を弾いてしまうため、洗髪後も皮脂が残りやすいです。

皮脂分泌量が少ない人にとってはメリットになりますが、そうでない場合は皮脂が過剰になります。

その結果、ベタついたフケが増えたり頭皮がかゆくなってしまいます。

>>湯シャンでフケが大量に増える理由とは?【いつまで】

>>湯シャンで頭がかゆい原因とは?【かきたい】

つまり

頭皮がべたべたしているのは、皮脂が過剰になっている証拠

ドライヤーで乾きづらいのは洗髪が不十分

皮脂は頭皮だけでなく、髪の毛にも行き渡っています。

保湿効果が高いため、水よりも乾きづらいです。

もし湯シャン後のドライヤーで髪が中々乾かない場合、多くの皮脂が残っている可能性が考えられます。

そして、その状態は洗髪不足です。

頭皮にはある程度の皮脂量が必要ですが、ドライヤーで乾きづらいほどの状態は過剰と言えます。

つまり

湯シャン後のドライヤーで乾きづらい場合、洗髪が足りていない

>>湯シャンのやり方とは?【トリートメントは必要か】

いつまで続くのか

湯シャンの始めたてはとくにベタつき、我慢して続ければ治まると説明されている事があります。

しかし、湯シャンを続けた結果、皮脂分泌量が治まるという根拠はありません。

そういった結果になった人が、嘘をついていると言っている訳ではないです。

ただ、皮脂分泌量が減少するメカニズムが証明されていないのに加え、否定するような論文さえあります。

>>湯シャンの嘘とは?【科学的根拠と共に】

また、実際に湯シャンで皮脂が減ったという人は、下記の理由なども考えられます。

皮脂が減ったと感じる他の原因
  • 季節などによる皮脂量の変化
  • 皮脂が多い状態に慣れた

皮脂分泌量は季節や運動量など、影響を与える要因は多いです。

参考:CiNii 論文 –  皮脂分泌の動態に関する研究 (その1)

湯シャンの影響ではなく、季節など環境の変化によって減った可能性があります。

現に湯シャンで皮脂量が減るまで、長期間が必要と言われているかと思います。

長期間あれば、何もしなくても皮脂分泌量は変わるという事です。

また、ニオイなどと同様、皮脂が多い状態に慣れたという可能性も否定できません。

スポンサーリンク

我慢して湯シャンを続けると危険

人の皮膚にはマラセチア菌(常在菌)というカビの一種が存在しており、皮脂をエサにしています。

皮脂が過剰になるとマラセチア菌が異常繁殖し、様々な頭皮トラブルを起こす可能性があります。

マラセチア菌増加で起こるとされる疾患例
  • 脂漏性皮膚炎(脂漏性脱毛症)
  • マラセチア毛包炎

参考:日本皮膚科学会皮膚真菌症診療ガイドライン 2019(pdf)

上でも解説した通り、我慢して湯シャンを続けても頭皮状態が改善する保証はありません。

逆にこういった頭皮トラブルのリスクがあるため危険です。

また、これらは抜け毛や白髪を増やす可能性があるため、注意が必要です。

>>湯シャンはハゲるのか?【逆に髪が増えるのか】

>>湯シャンで白髪が減るのか?【間違えると増える可能性】

つまり

頭皮や髪がベタついているのに、我慢して湯シャンを続けるのは辞めるべき

頭皮を触り、手に脂が大量につくならシャンプー

皮脂分泌量に影響を与える要因は多いため、毎日の皮脂量も異なります。

洗髪前に頭皮を触り、手に脂が大量につくような状態ならシャンプー剤でしっかり洗い落とすべきです。

シャンプー剤を使うと皮脂分泌量が増えてしまうと考える人がいますが、それは間違いです。

シャンプー頻度を変えても、皮脂の分泌には影響を与えないという論文があります。

参考:Hair lipid and surfactants. Extraction of lipid by surfactants and lack of effect of shampooing on rate of re-fatting of hair-Pubmed

つまり

手に脂が大量につくような日は、迷わずシャンプー剤で洗髪すべき

もちろん、シャンプー剤は種類が多く、自分に合わない物を使えば頭皮トラブルを起こす可能性はあります。

そのため、シャンプー剤選びはとても重要です。

自分に合うシャンプー剤が分からないという人には、カスタマイズシャンプー&トリートメントをおすすめします。

髪や頭皮の状態などの診断質問に答える事で、自分に合う成分をカスタマイズしてくれます。

\5万通りの組み合わせから提案/

【日本初】カスタマイズシャンプー&リペア
「髪質診断を始める」から購入できます

クエン酸や重曹は辞めた方が良い理由

湯シャンをしてベタつく場合の対策として、重曹やクエン酸を使う方法が紹介されている事があります。

これらの他にも、海外の湯シャンではリンゴ酢などを使う人も多いようです。

弱酸性の頭皮に弱アルカリ性の重曹水を使うと、中和作用によって皮脂汚れが落としやすくなります。

皮膚はアルカリ中和能という働きにより徐々に弱酸性に戻りますが、髪の毛にその力はありません。

そのため、酸性のクエン酸やリンゴ酢をリンスとして使用し、髪も弱酸性に戻すという原理です。

辞めた方が良い理由

弱アルカリ性の重曹で洗った時点で、髪のCMCが減少する(傷む)

酸性やアルカリ性などのpHや、重曹水で髪が傷む理由については下記で詳しく解説しています。

>>湯シャンで白髪が減るのか?【間違えると増える可能性】

髪が傷むため重曹の洗髪は辞めるべきで、それに伴いクエン酸やリンゴ酢も不要という事です。

頭皮や髪は弱酸性の状態が理想で、それ以外にpHが傾くのは基本的によくありません。

重曹を使わなかった場合、クエン酸やリンゴ酢だけでは髪が酸性になってしまいます。

髪が酸性に傾くとキューティクルが引き締まりすぎてしまい、ダメージの原因になります。

つまり

クエン酸や重曹を使う洗髪は、髪が傷むので辞めるべき

ベタつくためシャンプー剤を使わずに洗浄力を上げたい人は、シャワーヘッドをミラブルにする方法があります。

自宅のシャワーを、洗浄力に優れた超微細な気泡「ウルトラファインバブル」に変える事ができます。

値段は高めですが、いつもの洗髪や洗顔への効果を考えればコスパは良いです。

\通常のより約50%節水!簡単取付/

【正規代理店】
ミラブルプラス

【ビラクル】
ミラブルのお試しレンタル7泊8日

レンタルして気に入れば、割引価格でそのままオトクに買取する事も可能です。

まとめ

湯シャンで頭皮や髪がベタつくのは、皮脂量が過剰な証拠です。

そのまま我慢して湯シャンを続けても、治まっていくという根拠はありません。

炎症などの原因となり、白髪や薄毛に繋がる可能性があるので注意が必要です。

洗髪前に頭皮を触り、手に脂が大量につくよう時はシャンプー剤でしっかり洗髪すべきです。

クエン酸や重曹が紹介されている事がありますが、髪が傷むのでおすすめしません。

タイトルとURLをコピーしました