髪が伸びるのが早い人の特徴とは?【速さと病気の関係】スケベさや部位、男と女の速度

髪が伸びるのが早い人髪を伸ばす
髪を伸ばす
こんな人におすすめのページ!!
  • 人によって髪の伸びる速さが違う理由を知りたい人
  • 髪が伸びるのが早すぎるため、病気ではないかと心配している人
  • 世界一髪が伸びるのが早い人の速さに興味がある人
スポンサーリンク

髪が伸びるのが早い人の特徴と速さ

髪を長くしたい時、伸びるのが早い人に対して憧れを抱く人は多いと思います。

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる成長周期があり、大きく分けると下記の3つの期間に分かれます。

ヘアサイクル
成長期(男性:3~5年、女性:4~6年)
髪の毛が最も早く伸びる期間
退行期(約2~3週間)
髪の伸びるスピードが遅くなっていく期間
休止期(数か月)
生えていた髪が抜け落ち、新しい髪の毛と入れ替わる期間

主に成長期に伸びている髪の毛は、下記の工程で作られています。

毛根の構造や細胞の動きがわかる断面図

髪の毛の形が作られる工程
  1. 毛包幹細胞が、自分のクローンである毛包幹細胞と毛母細胞に分化
  2. 毛母細胞が、毛乳頭から血液によって運ばれた栄養や酸素を受け取る
  3. 必要な栄養が集まると、毛母細胞が細胞分裂して髪の毛が作られる

こういったメカニズムにより、毛根から押し上げられるようにして髪は伸びています。

そのため、髪が作られるまでのスピードが、伸びる速さに直結しているという事です。

また、毛包幹細胞が自分自身を増やすことで新しい細胞に生まれ変わっていくため、この髪の作られる工程を新陳代謝と呼ぶ事もできます。

つまり

髪が伸びるのが早い人の特徴は、新陳代謝が活発な人です。

髪の毛の伸びる速さの平均

髪の毛の伸びる速さに影響を与えている要素は多く、その違いによって全員同じスピードという訳ではありません。

日本皮膚科学会では1日0.4mm、アメリカ皮膚科学会では1年で6インチ(約15cm)伸びると表記しています。

これを参考に、日にちと伸びる長さをまとめた表が下記になります。

髪の毛の伸びる速さ
1日
0.4mm
1週間
2.8mm
1か月
1.2cm
1年
15cm

この数値はあくまで目安で、体の状態や遺伝による個人差によって異なります。

平均値として考える事もでき、この数値より成長していれば「髪が伸びるのが早い人」です。

スポンサーリンク

栄養が取れている

髪の毛は食べ物から吸収した栄養によって作られています。

そのため、栄養不足で髪を作るための材料がない人は、伸びるスピードが遅いです。

とくに髪を作る時に重要となるのが、下記の栄養素です。

髪生成に必要な栄養素
  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ヨウ素
  • ビタミン

>>髪の毛を早く伸ばす食べ物とは?【ワカメは無駄】

髪が伸びるのが早い人は、これらの栄養を日々十分に摂取できていることが特徴になります。

血流が良い

髪を作る細胞には、血液によって必要な栄養や酸素が運ばれています。

そのため、髪が伸びるのが早い人は、食事で栄養がしっかり取れていることに加えて血流も良いのが特徴です。

血液は筋肉の動きを利用して血管を流れているため、筋肉が発達していたり凝り固まっていない状態の方が血流が良くなります。

>>髪の毛を早く伸ばすマッサージとは?【テクニシャン】

>>髪の毛を早く伸ばすツボとは?【押すべき位置7選】

スケベな人

「スケベな人は髪が伸びるのが早い」とよく言われますが、あながち間違いではないと思います。

スケベというのは言い変えれば「性的興奮を感じやすい人」です。

人は性的興奮を感じると脈が速くなり、血流がよくなることで体温が上昇します。

そのため、性的興奮を感じる回数が多いスケベな人は、血流が頻繁によくなることで髪が伸びるのが早い可能性が高いです。

女性より男性の方が早い

女性ホルモンのエストロゲンが髪の成長を促すため、女性の方が早いという意見もあります。

しかし、アメリカ皮膚科学会には下記のように記されています。

Hair grows very fast and male hair grows faster than female hair. 

【Google翻訳】髪は非常に速く伸び、男性の髪は女性の髪よりも速く伸びます。

出典元:WHAT KIDS SHOULD KNOW ABOUT HOW HAIR GROWS-American Academy of Dermatology (AAD)

女性の方が髪の成長期間は長いですが、男性の方が伸びるスピードは早いようです。

おそらく、男性の方が筋肉が大きく、血流が良いことが理由ではないかと推測します。

老化が進むごとに遅くなる

老化が進むと髪が伸びるのが遅くなる理由は、下記などが原因となります。

老化による影響
  • 成長ホルモンの低下
  • 抗酸化酵素の低下
  • 筋肉量が低下し、血流が悪くなる

成長ホルモンは代謝を活発にするホルモンのため、分泌量が多い子供のほうが髪が伸びるのが早いです。

また、呼吸などで増加する活性酸素によって細胞は劣化(老化)していますが、それを減らすのが抗酸化酵素です。

加齢により体内で作られる抗酸化酵素が少なくなり、髪を作る細胞の劣化が進むことで伸びるのが遅くなります。

これらは、30代40代あたりから減少し、その影響で白髪も生えやすくなります。

>>30代から白髪だらけになる原因とは?【ショック】

直毛の髪型

直毛の髪型は伸びるのが早いというより、伸びたことを感じやすいです。

パーマをかけると髪が短く見えるようになる事から分かるように、髪質や髪型によって長さの印象は変わります。

天パの人と直毛の人では伸びる速さが同じでも、直毛のほうが早く伸びたと感じるという事です。

つまり

直毛の髪型の人は、髪が伸びるのが早いという印象を与えます。

睡眠時間が長く質が良い

髪の伸びる速さは1日の中でも異なり、寝ている時が一番早いです。

これは睡眠時に多く分泌される「成長ホルモン」により、新陳代謝が活発になることが理由です。

そのため、睡眠は髪の伸びる速さに最も影響を与えていると言えます。

成長ホルモンはノンレム睡眠(深い眠り)時に多く分泌されるため、髪が早く伸びる人は質の良い睡眠がとれています。

睡眠の質がワルい人の特徴
  • 寝つきが悪い
  • 朝起きるのがツラい
  • 疲労感が抜けない

1日ずっと眠くてボーッとしたり、少しの事でイライラしてしまう事もあります。

眠りの質が悪いなら「睡眠の質改善」「ストレス緩和」の機能性表示食品である、サプリメントがおすすめです。

\累計販売数100万袋突破/
【1日1粒】睡眠とストレス対策サプリメント【ぐっすりずむ】

睡眠の質が悪い状態はデメリットしかないため、放っておくのは勿体ないです。

何も行動しなければ、現状は変わりません。

代謝をよくする女性ホルモンなどが多い

細胞の働きを活発にしたり、血管を広げて血流をよくするホルモンがあります。

そういったホルモンの分泌量が多ければ、新陳代謝が活発になる事で髪が伸びるスピードも速いです。

新陳代謝をよくするホルモン
  • 成長ホルモン
  • エストロゲン(女性ホルモン)
  • 甲状腺ホルモン

そのため、髪が伸びるのが早い人は、これらのホルモン分泌量が多いという特徴があります。

以上が髪が伸びるのが早い人の特徴です。

これらを参考に、髪を早く伸ばすために出来ることは下記にまとめています。

>>髪の毛を早く伸ばす方法とは?【最高速度100%へ】

髪が伸びる速さと病気との関係

「髪が伸びるのが早くなる」という症状をきたす病気はありません。

単純に考えると、上で解説した「新陳代謝を活発にするホルモン」が過剰分泌してしまう病気が思いつきます。

それぞれのホルモンには過剰分泌してしまったり多いことが原因で起こる病気があり、どれも難病に指定されています。

新陳代謝を活発にするホルモンが過剰になる病気
下垂体性成長ホルモン分泌亢進症
成長ホルモンの過剰分泌
遺伝性女性化乳房
エストロゲンの過剰分泌
甲状腺機能亢進症
甲状腺ホルモンの過剰分泌

しかし、これらの中に「髪が早く伸びる」という症状は報告されていないようです。

そのため、いきなり髪の伸びるスピードが早くなったとしても、病気以外の可能性を考えた方が良いと思います。

髪の伸びる速さに、影響を与える要因は多いからです。

また、病気の心配をすぐにしてしまうという方は、ユーグレナ・マイヘルスの遺伝子検査がおすすめです。

自分の遺伝子解析で分かる事
病気の発症リスク
感染症、がん、糖尿病、脳梗塞、不眠症など
体質
太りやすさ、毛髪の色(黒髪とブロンド)、髪の太さなど
能力
記憶力(エピソード記憶)、匂いの感知、味覚など
性格
忍耐力、好奇心、外向性、協調性など

自宅でキットに唾液摂取し、郵送するだけなのでとても簡単です。

遺伝子情報は生涯変わるものではないので、自分の遺伝的傾向を知れるのはメリットが大きいです。

\簡単検査!320項目以上を解析/
【Amazon】

ユーグレナ・マイヘルス 遺伝子解析

【楽天】
ユーグレナ・マイヘルス 遺伝子解析

【Yahoo】
ユーグレナ・マイヘルス 遺伝子解析

他にも「95歳以上まで生きる可能性」など、いろんな項目が320以上もあります。

興味がある人は、遺伝子検査してみてください。

髪を伸びにくくする方法や遅くする場合は病気の原因になる

切ってもすぐ伸びるせいで髪型が崩れやすくなり、伸びるのを遅くしたいと考える人も居るかと思います。

髪が伸びるのを遅くする方法は、早く伸びる人と真逆な事をしなければいけません。

  • 栄養をとらない
  • 血流を悪くするため、動くのを辞める
  • 寝ない

健康に悪く、病気になりやすい事が分かります。

また、物理的に髪を抑えたりする方法を考える人も居るかもしれませんが、引っ張ったり帽子で抑え込んでも髪の伸びる速さは変わりません。

髪が伸びるというのは「新しい髪が毛根で作られ、押し上げらた結果」のため、生えている毛に何かしても作るスピードに影響を与えないからです。

つまり

髪を伸びにくくする方法や、伸びるのを遅くする方法はありません

スポンサーリンク

【世界1位】髪が伸びるのが早すぎる人はスピリチュアルな速さ

ヘアサイクルで髪の毛が一定期間で生え変わる事から「世界一髪の毛が長い人=世界一髪が伸びるのが早い人」と言えます。

髪が伸びるのが最も早い人の速度を知るために、アメリカのアーシャ・マンデラ(Asha Mandela)さんという女性の記録を参考にします。

世界一長い髪の毛(ドレッドヘア)のギネス記録保持者であり、記録を更新し続けているため長さと日にちを基に速度が分かるからです。

動画から分かる日付と髪の毛の長さ
2009年
髪の長さ:22ft=670cm
2013年08月19日(8/10に計測)
髪の長さ:55ft=1673cm
2018年11月16日
髪の長さ:110ft=3352cm

100cm=1m

※ft(フィート)は英語圏の国で使われる事が多い単位表記です。

この髪の長さを見ると、何かの理由で休止期が存在しない人でないと不可能なスピリチュアル的な記録になっています。

そして、計測した月も分かる2013年と2018年の記録を基に計算します。

アーシャ・マンデラさんの髪の毛の伸びる速さを、計算した結果が以下になります。

髪が伸びるのが最も早い人の速度
1日
0.9cm
1週間
6.4cm
1か月
26.5cm
1年
318.2cm

フィートで計算した値をセンチに変換し、小数点第二位を四捨五入したものです。

これは人間の中で最も早い速度だと思われるため、髪の伸びるスピードの限界値と考えることもできます。

平均的な髪の伸びる速さと比較

世界一髪が伸びるのが早いアーシャ・マンデラさんと、一般人の平均を比較したものが以下になります。

世界1位と一般人の平均を比較
1日
一般平均:0.04cm
世界一位:0.9cm
1週間
一般平均:0.28cm
世界一位:6.4cm
1か月
一般平均:1.2cm
世界一位:26.5cm
1年
一般平均:15cm
世界一位:318.2cm

髪の伸びる平均値よりも約22倍早く、スピリチュアルな領域の成長速度です。

髪が伸びるのが早すぎると感じている人は、上には上が居る事を実感してください。

スポンサーリンク

部位による伸びる速さの違い

髪が生えている場所によっても、伸びる速さに違いがあります。

髪が伸びる速さが違う部位の場所

結論
前頭部と頭頂部
髪が伸びるのが遅いです
側頭部と後頭部
髪が伸びるのが早いです

部位によって伸びる速さに違いが生まれる原因は2つあります。

  • 頭の血管は上に行くほど細くなっている
  • 頭頂部には筋肉がない

髪の毛を作っている毛包幹細胞や毛坊細胞には血液によって栄養が運ばれているため、血流の差で伸びる速さに違いがでます。

血管が細いのは言うまでもなく、血液は筋肉の動きを利用して移動しているため、筋肉がない場所や小さい部位というのは血流が悪くなりやすいです。

また、それ以外にもAGA(男性型脱毛症)の初期症状で、前頭部と頭頂部の髪の毛の伸びるスピードが遅くなることもあります。

前髪は伸びるのが早いと感じやすいだけ

前髪は髪の毛の中でも「気にしやすい場所」であるため、他の部位に比べて伸びるのが早く感じる人が多いです。

しかし、実際は他の場所よりも、前髪の伸びる速さは遅い傾向にあります。

逆に、男性やショートの女性で「伸びるとサイドがもっさりしてしまう」という感覚は正しいです。

シャンプーで髪の毛を速く伸ばす方法は非効率

髪を速く伸ばしたい時に、育毛エキスや成分が入ったシャンプー剤を買うのは非効率です。

頭髪の汚れを落としている最中に、有効成分を頭皮に浸透させるというのは効率が悪いからです。

>>髪の毛を早く伸ばすシャンプーとは?【間違えるな】

もし効率良くできるならシャンプー剤だけで完結できるため、育毛剤やトリートメントは販売されていません。

そのため、髪の成長を促す成分をつけたいのであれば、育毛剤を優先して選ぶべきです。

おすすめの育毛剤は「ヘアアクセルレーターEX」で、効果などは下記で解説しています。

>>ヘアアクセルレーターの効果とは?【EXとの違い】

まとめ

髪の毛は毛包幹細胞や毛母細胞の働きにより、ヘアサイクルの成長期に最も早く伸びます。

早く伸びすぎると感じても、病気の心配はありません。

また、世界一髪が伸びるのが早い人は、平均の約22倍というスピリチュアル的な速度となっています。

性別や生えている部位などによっても、伸びるスピードは異なります。

タイトルとURLをコピーしました