湯シャンのやり方とは?【トリートメントは必要か】男女問わず洗髪前にブラッシングを

湯シャンのやり方湯シャン
湯シャン
こんな人におすすめのページ!!
  • 湯シャンは、シャンプー剤を使わないだけでいいのか気になっている人
  • トリートメントやコンディショナーを付けるべきか悩んでいる人
  • 湯シャンで失敗したくない人
スポンサーリンク

湯シャンのやり方

お湯だけで洗うと言っても、ただ単にシャンプー剤を使わないだけでいいのか気になっている人は多いと思います。

湯シャンの効果については、下記でまとめて解説しています。

>>湯シャンの効果とは?【期待しすぎ禁物】

続けた結果、ひどい目に合わないために

皮脂と皮脂腺の様子

湯シャンをする場合、一番注意しなければいけないのが頭皮の皮脂量です。

皮脂は適量であれば頭皮や髪の表面を膜のように覆い、保湿効果や外部ダメージを軽減する働きがあります。

しかし、多かったり少なかったりすると、様々な頭皮トラブルの原因になります。

皮脂が少ない

頭皮が乾燥してダメージに弱くなり、かゆみやパサパサしたフケが増加

皮脂が多い

頭皮が臭くなり、かゆみやベタ付いたフケが増加

皮脂は油分なので水を弾き、湯シャンだけでは洗髪後も残りやすいです。

そのため、「皮脂分泌量が多い人」「頭皮の皮脂量が多い時」は湯シャンをすべきではありません。

過剰な状態が続くことで、薄毛や白髪に繋がる可能性もあるからです。

>>湯シャンはハゲるのか?【逆に髪が増えるのか】

>> 湯シャンで白髪が減るのか?【間違えると増える可能性】

女性は加齢によって皮脂分泌量が低下していくため、男性より女性の方が向いていると言えます。

また、シャンプー剤のせいで皮脂が過剰分泌されると説明する人がいますが、それを否定する論文があります。

参考:Hair lipid and surfactants. Extraction of lipid by surfactants and lack of effect of shampooing on rate of re-fatting of hair-Pubmed

つまり

頭皮の皮脂が多い時は、湯シャンは不向き

また、整髪料を付けている人も、湯シャンをすべきではありません。

油分が多く含まれており、湯シャンだけで完璧に洗い落とすことが難しいからです。

男性でもブラッシングは必須

ブラッシングすると頭皮や髪についた汚れが浮くことで、効率よく洗い落とせるようになります。

男女問わずシャンプー剤による洗髪でも推奨されていますが、洗浄力が弱い湯シャンでは必須です。

男性で髪が短くても、洗髪前のブラッシングは行うべきです。

クッション性のあるブラシで正しく行えば、頭皮の血行促進効果も期待できます。

ブラッシングの方法

ポイント
  • 髪が濡れた状態ではダメージになりやすいため、お風呂前の乾いている時に行う
  • 先に髪全体をほぐしながら、絡まりがないか確認
  • 強い圧は必要なく、頭皮をブラシでなでるように行う

ブラッシングは頭皮マッサージも兼ねているため、パドルブラシがおすすめです。

パドルブラシはブラシ部分の根元に空気穴があり、圧をかけると空気が抜けてクッション性が高いです。

\パドルブラシの定番/
【Amazon】

アヴェダ パドルブラシ

【楽天】
アヴェダ パドルブラシ<AVEDA>

【Yahoo】
アヴェダパドルブラシ(通常サイズ)

シャワーの温度は皮脂量で決める

融点(個体から液体に変わる温度)の関係上、シャワーの温度が高いほど皮脂を洗い落としやすくなります。

よく38度くらいが目安と言われていますが、自分の皮脂量によって調節する事をおすすめします。

自分に適したシャワー温度の探し方
頭皮や髪が乾燥しやすい人
38度から徐々に下げていく
べた付きやすい人
38度から徐々に上げていき、上限は42度

温度を高くしてもベタつく人は、湯シャンではなくシャンプー剤で洗髪すべきです。

皮脂が多くベタついている状態は、ニオイも強くなっているからです。

>>湯シャンが臭いと言われる理由とは?【ニオイ消し対策】

>>湯シャンのベタつきはどうすべき?【頭皮と手に脂が】

また、43度以上にすると、痛みや火傷してしまう可能性があります。

There is clear evidence that the perception of pain in adult human skin occurs just above 43°C. When the basal layer of the epidermis reaches 44°C, burn injury occurs.

【Google翻訳】成人の皮膚の痛みの知覚が43°Cのすぐ上で発生するという明確な証拠があります。表皮の基底層が44°Cに達すると、火傷が発生します。

出典元:A review of the evidence for threshold of burn injury – PubMed

これは、現在ある火傷のエビデンスをまとめた論文です。

ただ蛇口の温度調節は多少ずれるため、よく赤ピンがついている40度までにしておくのが無難です。

皮脂量は季節や運動量などで変化するため、日によって適したシャワー温度は異なります。

過剰な状態になるとフケやかゆみが増加します。

>>湯シャンでフケが大量に増える理由とは?【いつまで】

>>湯シャンで頭がかゆい原因とは?【かきたい】

つまり

湯シャンをする前に頭皮の状態を確認し、シャワーの温度調節をする

時間ではなく往復回数を目安に洗う

皮脂や汚れを落とせるかは、洗髪時間の影響が大きいです。

しかし、目安の時間を決めたとしても、タイマーで計ったり頭の中で数えるのは面倒だと思います。

そのため、前髪から襟足までを洗髪した、往復回数を目安にする方法がおすすめです。

湯シャンのやり方

湯シャンのやり方
  1. 片方の手でシャワーをあてながら、逆の手で頭を軽くなでるくらいの力加減
  2. 頭を4ブロックに分ける意識で、前から後ろへ1ブロックずつ洗っていく
  3. 襟足まで行ったら、そのまま来た道を戻るように洗う
  4. 往復回数の目安は3回で、頭皮や髪の状態に合わせて調整

湯シャンでは洗浄力が落ちるため、時間かけて入念に洗う必要があります。

また、しっかり汚れを落とすため、シャワーヘッドをミラブルにするのがおすすめです。

いつものシャワーを、洗浄力に優れた超微細な気泡「ウルトラファインバブル」に変える事ができます。

値段は高めですが、いつもの洗髪や洗顔への効果を考えればコスパは良いです。

\通常のより約50%節水!簡単取付/

【正規代理店】
ミラブルプラス

【ビラクル】
ミラブルのお試しレンタル7泊8日

レンタルして気に入れば、割引価格でそのままオトクに買取する事も可能です。

トリートメントやコンディショナーは必要か

結論

湯シャンをしてもパサつく人は、しっかり洗う前にトリートメントかコンディショナーがおすすめ

皮脂は髪にも行き渡り、保湿する効果があります。

そのため、基本的にはトリートメントやコンディショナーは必要ありません。

しかし、湯シャンにして皮脂量が増えているはずのに、髪がパサついてしまう場合があります。

それは、髪のCMCが減少している事が原因です。

髪の毛の構造と部分名が分かる断面図

CMCの働き
  • キューティクルが剥がれないよう、接着剤として機能
  • 水分や油分の通り道として機能し、適切な量になるよう管理

CMCはダメージにとても弱く、減少すると皮脂が毛先などに行き渡りづらくなってしまいます。

湯シャンでベタつく時に重曹水が紹介されている事がありますが、CMCが減少してしまうので辞めた方が良いです。

重曹水で傷む仕組みについては、下記で詳しく解説しています。

>>湯シャンで白髪が減るのか?【間違えると増える可能性】

また、CMCが減少すると水分や油分を保てなくなり、髪がパサつきます。

塗れるときしむため、洗髪時に摩擦ダメージを受けやすいです。

シャンプー剤を使えば、指通りを良くする成分や泡によって摩擦が軽減されます。

しかし、湯シャンではそれができないため、洗髪時に髪同士の摩擦ダメージでさらに傷みやすいです。

そこで

洗髪前にトリートメントかコンディショナーがおすすめ

これらには指通りをよくする成分が含まれているため、洗髪時の摩擦を抑えることができます。

ただ、吸着性や殺菌性があるカチオン界面活性剤が含まれているため、頭皮にあまり付けない方が良いです。

湯シャンでしっかり洗う前に、髪の中間から毛先につけて洗い落としておく事をおすすめします。

また、これをする事により、髪のパサつきも抑えられます。

要約すると
  • 湯シャンをしてもパサついてしまう人は、髪が傷んでCMCが減少している事が原因
  • CMCが減少している髪はきしみやすく、洗髪時に摩擦ダメージを受けやすい
  • 先にトリートメントかコンディショナーをつけて洗い落としておくと、洗髪時の摩擦を軽減できる
スポンサーリンク

できるだけ素早く乾かす

人の皮膚には常在菌がいます。

頭皮や髪が濡れた状態を放置してしまうと、湿気を好む常在菌が繁殖してしまいます。

増加すると皮膚への刺激になり頭皮トラブルを起こす可能性があるため、素早く乾かすのは必須です。

髪の乾かし方
  • 垂れなくなるまで、しっかりタオルドライ
  • ドライヤーの強温風で、根元から中心に半乾きになるまで乾かす
  • 弱温風にして髪型を整えながら、少し湿り気が残る程度まで乾かす
  • 冷風で仕上げる

>>正しい髪の乾かし方とは?【くせ毛に宣戦布告】

頻度は毎日すると決めず、ベタついている時はシャンプー剤

湯シャンの始めたては皮脂が多くなり、我慢して続ければ治まると説明されている事があります。

しかし、湯シャンで皮脂分泌量が低下するという根拠はありません。

>>湯シャンの嘘とは?【科学的根拠と共に】

そのため、ベタついているのに湯シャンを続けるのは間違いです。

湯シャンをする人の中には、シャンプーの洗いすぎを懸念している人も居るかと思います。

しかし、毎日シャンプーした方が良いという結果になった研究論文があります。

参考:The Impact of Shampoo Wash Frequency on Scalp and Hair Conditions – PubMed

つまり

頻度の決め方は「頭皮が乾燥していれば湯シャン」「ベタついていたらシャンプー剤」

自分に合うシャンプー剤が分からないという人は、カスタマイズシャンプー&トリートメントがおすすめです。

髪や頭皮の状態などの診断質問に答える事で、自分に合う成分をカスタマイズしてくれます。

\5万通りの組み合わせから提案/

【日本初】カスタマイズシャンプー&リペア
「髪質診断を始める」から購入できます

まとめ

「皮脂分泌量が多い人」「頭皮の皮脂量が多い時」は湯シャンをすべきではありません。

シャワーの温度は頭皮の状態にあわせて調整する事が大切です。

湯シャンをしても髪がパサつく人は、髪が傷んでいます。

その状態では洗髪時に髪がきしみやすく、摩擦ダメージを受けやすいです。

その対策として、しっかり洗う前にトリートメントかコンディショナーをつけておく事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました