ヘアワックスの落とし方とは?【ベタベタとお別れ】落ちたかどうかの目安や服と手の時

ヘアワックスの落とし方髪の毛
髪の毛
こんな人におすすめなページ!!
  • ワックスをがっつり付けている日は、シャンプーが泡立たなくて困っている人
  • 洗ったはずなのに、寝る時にワックスのニオイを感じたことがある人
  • 「手に整髪料がついているのにズボンで手を拭く」を、たまにする人
スポンサーリンク

ヘアワックスの落とし方

シャンプーで洗っても整髪料のニオイやベタベタ感が中々取れず、落とし方を探している人は多いと思います。

結論

シャンプー剤をつける前に、トリートメントやリンスをつけて洗い流す

落としやすくなる理由を知るためには、なぜ1回のシャンプーだけで落とせないのかを知る必要があります。

車や床のワックスと落とす原理は同じ

ワックス(wax)とは日本語で蝋(ロウ)を意味し、常温時に個体の油脂の事です。

  • 髪の毛
  • サーフボード

こういった様々な用途に使われますが、どれも落とし方の原理は同じです。

水と油は交わらないため、落とす時は下記の2つが必要になります。

ワックスを落すために必要な物
界面活性剤(洗浄成分)
水と油を混ぜ合わせる働きがある
お湯
油分は融点(個体から水に変わる温度)の関係で、温度が高くなるほど取れやすくなる

それぞれの場面に適した界面活性剤入りの洗剤を使うことで、ワックスを落とすことができます。

そのため、よくあるヘアスプレーが壁などについた時の汚れも、界面活性剤で落とす事が可能です。

シャンプー以外に頼るべき理由

シャンプー剤にも界面活性剤は含まれていますが、1回洗ってもワックスなどの整髪料が落とせない事があります。

下記の理由により、洗浄力が弱めに作られているからです。

シャンプーの洗浄成分が弱い理由
  • 頭皮への刺激を抑えるため
  • 頭皮の保護や保湿効果のある皮脂を、落としすぎないようにするため

洗浄力が高いものほど皮膚への刺激性が高くなります。

また、頭皮を乾燥させないためには一定量の皮脂が必要で、落としすぎない洗浄力で作られています。

シャンプー剤は頭皮のことを考え、ギリギリの洗浄力で作られているということです。

基本的に1回の使用を想定して作られているため、連続して使用するほど頭髪には負担になります。

つまり

ワックスなどのスタイリング剤が落とせないからと、何度もシャンプーすると頭髪に悪い

また、ヘアカラーをしている人は、複数回シャンプーすると色落ちを加速させる原因になります。

>>ヘアカラーの色落ちとは?【別れの期間】

頭髪に負担をできるだけ掛けずにワックスを落とすには、シャンプー以外の工夫が必要です。

順番に解説します。

ブラッシングと予洗いは基本

お風呂前にブラッシングを行う事で、汚れを浮かして落としやすくする事ができます。

カチカチに髪が固まっている場合は、毛先からやさしくほぐしてから行わないとダメージになるので注意が必要です。

ブラッシングと予洗いを合わせて行うと、7~8割ほどの汚れが落とせるとされています。

そのため、ヘアワックスなどのスタイリング剤をつけている人は、この工程をしっかりと行うべきです。

詳しいやり方やポイントなどは、下記で解説しています。

>>正しい髪の毛の洗い方とは?【下向き上向き問題】

シャンプー前にコンディショナー

負担なくヘアワックスを落としやすくする事ができるのは、シャンプー前にコンディショナーを付ける方法です。

原理としては化粧を落とすクレンジング剤と同じで、油に油を混ぜると結合して落としやすくなるという仕組みです。

コンディショナーを付けて洗い落とす作業をしておくと、髪に付いているヘアワックスを減らしつつシャンプーで落としやすくなります。

代用可能
  • トリートメント
  • リンス

これらであればどれでも可能ですが、コスパや油分の多さを考えるとコンディショナーがベストになります。

洗浄を目的に作られている物ではないため、付けて洗い落としたら必ずシャンプーする事が必要です。

頭皮に付けないように注意

コンディショナーなどには、カチオン界面活性剤が含まれています。

シャンプーに含まれる界面活性剤とは性質が異なり、下記のような違いがあります。

界面活性剤の違い
カチオン界面活性剤
吸着しやすく、殺菌力が強い
【コンディショナー】【トリートメント】【リンス】
アニオン界面活性剤
乳化(水と油が混ざる)、泡立ち、分散性に優れているため汚れを落としやすい
【シャンプー】【ボディソープ】

シャンプーやボディソープは両性界面活性剤の場合もありますが、分かりづらくなるので省略します。

カチオン界面活性剤は吸着しやすいため、ケア成分などを付けたい時に有効です。

しかし、問題は殺菌力が強い事です。

頭皮には常在菌が存在していて、汗や皮脂を分解して脂肪酸を生成することで病原菌から守るバリア機能ができています。

つまり

コンディショナーなどが頭皮に多く付着し続けると、常在菌が減ることでバリア機能が低下してしまいます。

落ちたかどうかの目安

シャンプーの泡立ちを目安にしてください。

基本的にシャンプー剤の界面活性剤は水と空気が混ざると泡立ち、油分が増えると泡が減ります。

そのため、泡立ちが悪い場合は、ヘアワックスの量がシャンプーで落とせる許容範囲を超えている事を意味します。

しっかり泡立ったら、ヘアワックスを落とせたサインです。

落ちない人はリムーバーがおすすめ

コンディショナーをつけてもシャンプーで2度洗い以上しないと落とせない場合、リムーバーがおすすめです。

リムーバーは油性に対して効果の高い洗浄成分を使用しているのが特徴となります。

【Amazon】

アクセス LASALA(ラサラ) ヘアワックス クレンジング リムーバー シャンプー 100ml

【楽天】
LASALA ヘアワックス クレンジング リムーバー 100ml

スタイリング剤を落とすために、何度もシャンプーするのは手間や時間がもったいないです。

また、洗い残してしまうと頭皮トラブルや髪質が悪くなるため、リムーバーに頼るべきです。

ケープなどのスプレーで白くなる原因と応急処置

スタイリング剤をつけると、髪に白い粉がついたり毛先が白くなることがあります。

レディースに人気のケープのヘアスプレーや、ジェルといった固める力が強いもので起こりやすいです。

白い粉が出るのはフレーキング現象

フケのような白い粉の正体は、皮膜形成剤(ポリマー)です。

皮膜形成剤は多くの化粧品に含まれており、下記のような働きがあります。

皮膜形成剤の効果
  • キープ力やセット力の向上
  • 撥水性(はっすいせい)や耐水性の向上
  • 接着性の向上
  • ツヤ感を出す
  • 表面保護

スタイリング剤を付けると、皮膜形成剤によって髪の表面に皮膜が作られます。

皮膜が過剰になったり手で触って剥がれると、その離れた部分が乾燥することで白い粉になります。

白くならない方法

原因を考えると、下記の事に気をつける必要があります。

白い粉がつかない方法
  • スタイリング剤をつけすぎない
  • 髪に皮膜ができたあと「手で触る」「くしでとかす」禁止
  • 白い粉になりやすいスタイリング剤を使わない

ヘアスプレーをする時は、髪からできるだけ離して1点に集中しないよう気を付ける必要があります。

また、とくに重要なのがスタイリング剤選びです。

セットしやすくても白くなってしまっては台無しのため、白い粉が出ないヘアスプレーなどを選ぶべきです。

白くならないやつの特徴

パリパリに固まらない物

現在白くなってしまっている人は、パリパリに固まるスプレーやジェルは避けた方が無難となります。

出先での白い粉の取り方

スタイリングしてから時間が立った、出先で白い粉に気づくことが多いと思います。

白い粉に気付いた場合、粉だけでなくスタイリング剤を髪から取り除くことをイメージした方が良いです。

応急処置
  1. 水で指を濡らし、髪をつまんで根元から毛先方向に動かす
  2. 指がベタついたら手を洗い、1と2を繰り返す
  3. ベタつきが減ったら、最後にティッシュかハンカチで髪を拭く

水で濡らすと一時的に白い粉が消えますが、皮膜形成剤が残っていると再び白くなります。

そのため、ベタつきを目安に、成分を髪から取り除く必要があります。

お湯の方が有効で、ウェットティッシュなどでも代用可能です。

水無しでも出来ない事はないですが、一時的に白い粉が増えるのと時間が掛かって大変です。

シャンプーしても取れない場合

スタイリング剤を毎回洗い残していると、成分が蓄積してしまいます。

蓄積すると何回シャンプーしても落とせないような、頑固な白い粉になってしまうので注意が必要です。

そうなってしまった場合におすすめなのが、ヘアークレンジングジェルです。

【Amazon】

ウルトラマジック ヌーボマジコ スーパーとったゲル(スタイリング剤除去用ゲル) 165g

【楽天】
スーパーとったゲル 165g

スタイリング剤を落とすために、何度もシャンプーするのは手間や時間がもったいないです。

パリパリに固める日のために、ヘアークレンジングジェルを1本常備しておくことをオススメします。

手に付いたベタベタの落とし方

髪型をセットしたあとに手を洗っても、ニオイやベタベタが全然取れない経験は多くの人がしていると思います。

手に付いたヘアワックスなどの整髪料を、しっかり落とす方法を解説します。

洗う前にティッシュで拭きとる

ヘアワックスは油分を多く含むため、手にべっとり付いた状態で洗ってもハジいてしまい落とせません。

そのため、水で濡らす前に一旦ティッシュなどで軽く拭き取るだけでも、効果があります。

洗う時は融点(個体が液体に変わる温度)の関係で、お湯の温度が高いほど落としやすいです。

やけどしない程度の温かいお湯で洗ってみてください。

それでも落とせない場合は下記に進みます。

砂糖をつける

理由

砂糖は油とくっつきやすい性質があります。

そのため、手の上に砂糖を少量のせて擦り合わせると、油が砂糖にくっついていきます。

しばらくしたら砂糖をティッシュなどで拭き取り、その後に手洗いするだけで終了です。

臭いやベタベタが残ってしまう場合は、砂糖の量を増やして調整してみてください。

クレンジング剤

上でも解説しましたが、ヘアワックスの油分に油分をぶつけて結合させると落としやすくなります。

頭皮よりも手の方が皮膚が強いため、コンディショナーなどよりも強いクレンジング剤がおすすめです。

レディースではメイク落としのために持っている人が多いですが、メンズでは家にない人の方が多いかもしれません。

中性洗剤は手荒れに注意

食器用洗剤などの中性洗剤は、強力な界面活性剤が配合されているためヘアワックスを落とす事は可能です。

しかし、洗浄力が強い分、刺激も強くなり手荒れの原因になるためおすすめはしません。

どうしても中性洗剤しかない場合など以外は、やめておいた方が無難だと思います。

服に付いたスタイリング剤の落とし方【レディース必見】

女性は髪が長い人が多く、服に整髪料がついてしまった事がある人も多いと思います。

また、男性でも襟についてしまったり、手にワックスがついているのにズボンで拭いてしまった経験はあるのではないでしょうか。

時間がたつとシミになってしまうこともあるため、早めの処理が必要です。

応急処置の方法

ティッシュとハンドソープ(石鹸)があれば、簡単に出来ます。

  • 乾いたティッシュで、ワックスをつまんで取る
  • 乾いたティッシュ(2~3枚)をシミになってしまった部分の裏側にあてる
  • 軽く湿らせたティッシュにハンドソープを付け、表側から押さえるように繰り返しあててワックスの汚れをとる
  • 最後に乾いたティッシュで水分を拭き取る

取れなかった場合

応急処置と手順は一緒で、使う物をパワーアップさせます。

  • ティッシュ→いらない布やタオル
  • ハンドソープ→クレンジング剤や食器用洗剤

時間がたってしまった場合でも、これらを使うとある程度は落とせると思います。

整髪料がついた事に気付いたら、出来るかぎり素早く行動する事が大切です。

まとめ

髪や頭皮に負担が掛からないようにヘアワックスを落とすには、コンディショナーなどを付けてからシャンプーする方法がおすすめです。

その際は、コンディショナーなどが頭皮につかないように注意してください。

手に付いた整髪料の場合は、水を付ける前にティッシュで軽く拭き取ることで大抵落とせると思います。

砂糖は実験として行ってみるのも、面白いと思います。

服に付いた場合は、できる限り早めに処理することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました