ヘアカラーが一週間で色落ちする原因とは?【別れの期間】明るくなるのは白に寄るため

ヘアカラーが一週間で色落ちしてしまう原因ヘアカラー
ヘアカラー
こんな人におすすめのページ!!
  • 一週間もたずに色落ちしてしまい、美容室にやり直しをお願いしようか迷っている人
  • 明るくなるまでの期間の目安を知り、予定に合わせて染めようと思っている人
  • 自分は色落ちを早めてしまう行動をしてしまっていたのか気になった人
スポンサーリンク

ヘアカラーの色落ちとは

色落ちが早すぎて、美容室に染め直してもらうか迷っている人は多いと思います。

しかし、美容師さんと気まずい感じになるのが嫌で、とりあえず自分に落ち度はないか調べているのではないでしょうか。

まず、色落ちしている状態というのは、髪で何が起きているのかを解説していきます。

ヘアカラーした時の髪の毛の内部の様子

ヘアカラーをすると髪内部にあるメラニン色素が分解され、そこに新しくカラー色素が作られることで髪色が変わります。

色落ちは褪色(たいしょく)とも呼ばれ、下記の2つの原因によって髪内部からカラー色素が減ってしまう現象のことです。

色落ちする2つのパターン
  • カラー色素が髪の外へ流出
  • カラー色素がダメージによって分解

これらは、髪外部の隙間がひらいている時におこりやすいです。

カラー色素が髪の外へ流出

ヘアカラーによって髪内部に作られたカラー色素は、地毛の色であるメラニン色素に比べ吸着力が弱いです。

そのため、髪外部にあるキューティクルなどの隙間がひらいている時間に比例して、流出してしまう量も増えます。

キューティクルの隙間がひらく原因
  • 髪が濡れている
  • 髪の温度が高くなっている
  • 髪のpHがアルカリ性に傾いている

こういった髪の状態の時に、カラー色素は流出しやすいです。

カラー色素がダメージによって分解

髪内部にあるカラー色素は、以下の3つの原因によって分解されて減ってしまいます。

カラー色素を分解する原因
  • 熱(高温)
  • 紫外線
  • 塩素(プールなど)

こういった髪のダメージになるような事は、カラー色素を分解することで色落ちの原因になります。

一週間で色落ちしてしまう原因

一週間という短期間で色落ちしてしまう場合に、考えられる原因を解説していきます。

色落ちしやすい色で染めている

ヘアカラーは染める色によって、色落ちのしやすさが変わります。

色落ちしやすいヘアカラー
  • 明るい色
  • 寒色(青みのある色)

アッシュ系やマッド系など

色落ちしにくいヘアカラー
  • 暗い色
  • 暖色(赤みのある色)

ブラウン系やオレンジ系など

とくにトーンの影響が強く、暖色でもピンクのように明るいと色落ちが早いです。

これは、明るい色ほど髪内部に入れる色素量が少ないことが原因です。

こういった色落ちが早いヘアカラーの場合は、カラーシャンプーを使わないと一週間もたない事はよくあります。

>>カラーシャンプーとは?【3つの効果】

>>カラーシャンプーの使い方とは?【1から10まで】

また、ほんらい色落ちしにくい赤系のヘアカラーは、染めたてのピーク時からの変化が分かりやすいため色落ちが早いと感じます。

髪の表面についた色素が落ちる期間だから

ヘアカラーの薬剤は髪の表面にもつくため、染めた直後は髪外側にもカラー色素がくっついている状態になります。

一週間で色落ちしていく髪の様子

表面についている色素は当然落ちやすく、一週間以内に落ちてしまいます。

髪の外側だとしても、カラー色素が減る事には変わりないため髪色の変化を感じやすいです。

この髪色の変化のせいで、ヘアカラー後の一週間は色落ちを感じやすい期間と言われています。

つまり

染めてからの一週間は髪の表面についていた色素が落ちるため、色落ちを感じやすい期間です。

髪が傷んでいる

カラー色素が流出しないように髪外部の隙間を埋め、フタのような役割をしているのが以下の3つです。

髪外部でフタの役目をしている物
キューティクル
屋根瓦のように、1枚1枚が重なりながら髪の外側を覆っています。
CMC
キューティクルを髪に繋ぎとめる接着剤の役割があります。
コーティング剤(シリコン)
コンディショナーやトリートメントに含まれている事が多いです。

コーティング剤は毎日つけ直せば良いだけですが、キューティクルやCMCは傷ついたり減少してしまうと復活することはありません。

とくにCMCはダメージに弱く、以下のような原因で破壊されてしまいます。

CMCを減少させる主なダメージの原因
  • カラーやパーマで使用する薬剤
  • ドライヤーやアイロンなどの高温
  • 紫外線

CMCが減少すると接着力が低下し、キューティクルが剥がれる原因になります。

また、これらのダメージがキューティクルを変形させてしまう事も、髪外部に隙間ができる原因です。

とくにブリーチによるダメージが最も強く、明るい髪色にするためにダブルカラーなどをしている人は色落ちがとても早くなります。

つまり

髪が傷んでいる人は髪外部のフタに隙間があり、色落ちがとても速いです。

残留薬剤が残っている

ヘアカラーで染めた後は、髪の毛の内部に薬剤の成分が残ってしまいます。

残留薬剤と呼ばれ、放置したままだと髪が傷みやすく色落ちが早くなるなど良いことはありません。

ヘアカラー後の残留薬剤
残留アルカリ
髪のpHがアルカリに傾き、キューティクルの隙間が開いている状態が続きます。
残留過酸化水素(残留オキシ)
髪内部に残っているとメラニン色素を分解し続け、ベースの髪色が明るくなっていきます。

ヘアカラーをした後に薬剤除去をしてくれる場所もありますが、すべての美容室で行われるわけではありません。

よく聞く「ヘアカラー後に、色が定着するまで24~48時間掛かる」は間違いで、残留薬剤による色落ちを気にするべきです。

>>ヘアカラー後【当日はシャンプーを控えて2日あける】は間違え

自分の通っている美容室が薬剤除去をしていないようであれば、場所を変えた方が良いと思います。

また、セルフカラーをしている人は間違いなく残っているため、色落ちするスピードも速いです。

洗浄力の強いシャンプーを使っている

ほとんどの人は日常生活の「髪を洗う時」が最も色落ちしてしまう時間です。

髪が濡れてふくらむと外部のキューティクルに隙間が生まれ、シャンプー剤の洗浄成分がカラー色素を洗い落としてしまうからです。

つまり

シャンプー剤の洗浄力が強いほど、色落ちしてしまう量が増えるという事になります。

洗い落としづらい整髪料をつけている

ハード系の整髪料の場合は油分が多いため、1回のシャンプーで落としきれない場合があります。

  • 髪が濡れている時間
  • シャンプーの回数

髪を洗う時にこれらが増加してしまうため、色落ちを早めてしまう原因になってしまいます。

ヘアアイロンを使用している

髪の温度が上がるとキューティクルに隙間ができてしまい、髪内部に熱ダメージが届きやすいです。

また、カラー色素は高温によって分解されてしまいます。

そのため、毎日アイロンでヘアセットをしていると、色落ちがとても早いです。

つまり

ヘアアイロンを使う場合は、「髪型を取るか」「髪色を優先するか」の2択となります。

プールや海で遊んでしまった

プールや海には、色落ちを早める原因が複数存在します。

プールや海にある色落ちを早める原因
髪が濡れるとキューティクルの隙間が開き、色素が流出したりカラー色素にダメージが届きやすくなります。
塩素
カラー色素を分解する働きがあるため、塩素が含まれている水で髪を濡らすと色落ちします。
紫外線
カラー色素を分解する働きがあり、髪が濡れている状態と合わさることで色落ちする量がふえます。

暑い時期に行く事が多いため、紫外線が強いことも色落ちを早める原因につながります。

ほぼ色落ちしたと感じる期間の目安

  • 髪の状態
  • 染めた色
  • ヘアカラー後のケア

これらによって期間は大きく変わりますが、下記が1つの目安です。

ほぼ色落ちしたと感じる期間
ブリーチなしの暗めのヘアカラー
約1か月~2か月
1回ブリーチしているヘアカラー
1か月以下
2回以上ブリーチしているヘアカラー
2週間以下

上記で解説した一週間で色落ちする原因が重なると、この期間がどんどん短くなっていきます。

期間を延ばす色落ちを防ぐ方法

ヘアカラー後の過ごし方で、色落ちするまでの期間は大きく変わります。

色落ちを防ぎ長持ちさせる方法
  • カラーシャンプーを使う
  • カラーケアシャンプーを使う
  • 後処理剤を使う
  • ヘアカラーした当日はシャンプーを控える
  • コーティング剤を使用する
  • 髪が濡れている時間を短くする
  • 理想よりも少し暗いトーンに染める

>>ヘアカラーを長持ちさせる方法とは?【色を死守せよ】

色落ちすると明るくなる理由

結論

色素のない髪の毛は、最大の明るさである白だからです。

ヘアカラーしてから色落ちしていくと、必ず髪色は明るくなっていきます。

これは、髪の色素量が減る事でおこります。

髪の毛に色素が全くない状態は白髪です。

白というのは色の中でもっとも明るい色のため、この上に色素がつくと必ず暗くなります。

つまり
色素量が多い
髪色が暗くなる
色素量が少ない
髪色が明るくなる

ヘアカラーで染めた時と色落ちしたときでは、髪の毛の色素量は以下のように変化します。

ヘアカラーで染める
髪の色素を増やす
色落ちする
髪の色素が減る
つまり

色落ちすると色素が減るため、白に近づくことで髪色が明るくなります。

ブリーチなしのヘアカラーだけなのに明るくなる

結論

ヘアカラーにも、髪色を脱色させる酸化剤(過酸化水素水)が含まれているからです。

ブリーチなしでもヘアカラーの回数を重ねると、色落ちしたときの髪色は明るくなっていきます。

ヘアカラーもブリーチと同じように、髪を脱色させているからです。

なぜ色を入れるだけでなく脱色させているかと言うと、髪の内部にスペースをあけないと新しい色素を多く入れる事ができないからです。

ブリーチ剤ほど多く入っている訳ではありませんが、ヘアカラー剤にもメラニン色素を脱色させる酸化剤が含まれています。

つまり

ヘアカラーをした回数に比例して、色落ちした時の髪色は明るくなっていきます。

まとめ

染めてもらった髪色と一週間ほどの短期間でお別れした場合は、いろんな原因が考えられます。

  • 髪の状態
  • 染めた色
  • ヘアカラー後のケア

こういった事が色落ちする期間に関係していて、アッシュ系やピンク系のヘアカラーで早く抜けてしまうのはしょうがない部分もあります。

タイトルとURLをコピーしました