髪を洗わないとどうなる?【やらない自分を正当化】毎日洗わない方が良い人やメリット

髪を洗わないとどうなる髪の毛
髪の毛
こんな人におすすめのページ!!
  • シャワーがめんどくさくて、洗わない自分を正当化したい人
  • お風呂に入らず寝ようとしたら、罪悪感にかられ洗わないとどうなるのか調べている人
  • 毎日洗わない方が良いというのを耳にし、どういったメリットがあるのか知りたい人
スポンサーリンク

髪を洗わないとどうなるのか

疲れた日はシャワーがめんどくさくなり、正当化しようと洗わなくても良い理由をネットで探している人は多いと思います。

毎日シャンプーしていた人が、髪を洗わないとどうなるのか解説していきます。

洗い方は下記で解説しています。

>>正しい髪の洗い方とは?【頭皮を救う】

ベタベタする

頭皮の毛穴から常に分泌されている「皮脂」が、洗わない事で増え続けてベタベタするようになります。

適量であれば頭皮や髪の表面を膜のように覆い、保湿効果や外部ダメージを軽減する働きがあります。

しかし、皮脂はベタベタしやすい飽和脂肪酸などから出来ているため、量が増えるほどベタつきやすくなるという事です。

皮脂の成分や分泌量は人によって異なり、下記などが影響を与えています。

皮脂の成分や分泌量に影響を与えるもの
  • 体質
  • 食べ物
  • 年齢
  • 性別
  • ストレス

もともと皮脂の分泌量が多い人は、1日洗わないだけでも目視で分かるくらいベタベタになってしまいます。

臭くなる

頭皮や髪が臭くなる場合、考えられる原因物質は複数存在します。

しかし、どの原因物質だとしても根源となるのは「皮脂」と「汗」です。

皮脂や汗が増えたり長時間放置することで、下記のニオイの原因物質が増えてしまいます。

ニオイの原因物質
  • 脂肪酸
  • 過酸化脂質
  • ノネナール(加齢臭)
  • ジアセチル(ミドル臭)

>>頭皮が臭い原因

フケが増える

頭皮は内側から新しい皮膚が押し上げられ、約1か月間隔で生まれ変わっています。

これをターンオーバーと呼び、押し出される古い皮膚(角質)がフケです。

通常のフケは小さく目立ちませんが、洗わないと皮脂やほこりなどの汚れと混ざる事でベタベタした大きなフケとなります。

また、皮脂や汗をエサにしている皮膚常在菌が増えて刺激になり、ターンオーバーが乱れることでフケの量が増加します。

かゆくなる

フケが増えた時にセットでおこる症状として「頭皮のかゆみ」があります。

髪を洗わない事で起こりやすい、かゆみの原因は下記の2つです。

かゆみの疾患
  • 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)
  • 紅色汗疹(赤いあせも)

脂漏性皮膚炎はフケが増える原因と同様、マラセチア(皮膚常在菌)が増殖して炎症が起こる事でかゆくなります。

皮脂を栄養源とするマラセチアが皮膚で増殖すること自体が、皮膚の炎症を引き起こすと考えられています。

出典元:脂漏性皮膚炎の症状・治療法【症例画像】-ヒフノコトサイト-田辺三菱製薬

もう1つの紅色汗疹は、汗を排出する汗腺がつまる事が原因です。

ほこりなどの汚れや、皮脂を長時間放置するとできる過酸化脂質(固まった油)が頭皮にある汗腺を詰まらせます。

そうすると、汗が皮膚内部にたまってしまい、刺激されることで頭皮がかゆくなります。

抜け毛が増えて【はげる】は賛否

結論

洗わないと炎症を起こしてしまう人は、抜け毛が増える

髪を洗わないとフケが増えて毛穴を詰まらせることがあり、塞いでいるフケを角栓と呼びます。

この角栓で毛穴が塞がれている状態が、抜け毛やハゲることに繋がるのかは賛否が分かれています。

はげる派の意見
  • 毛包に皮脂が溜まり、髪を作っている細胞に悪影響を与える
  • 菌が増えて炎症が起こる事で、抜け毛が増える
はげない派の意見
  • 髪を洗っていないホームレスや部族に、薄毛が多いという事実がない
  • 毛穴が詰まる事と薄毛を直接結びつける科学的根拠がない

炎症によって抜け毛が増える事は実際にあり、かゆみを起こす脂漏性皮膚炎は脱毛症とも呼ばれる事があります。

そのため、髪を洗わない事で脂漏性皮膚炎になる可能性があるのならば「洗わないと抜け毛が増えてハゲる」は間違いではないと思います。

また、ホームレスに薄毛が少ないというのはイメージであって、実際どうなのかは分かりません。

帽子を被っていたり、髪が長いからフサフサに見えている可能性があります。

部族では【ヒンバ族】が体や髪を生涯洗わないとして有名で、画像検索すると赤土を塗り込んだドレッドヘアの方々の写真がヒットします。

たしかに画像を見る限りハゲては居ませんが、住んでいる環境や遺伝なども大きく異なるため日本人が参考にしていいのかは微妙な所です。

結論

洗わないでハゲるかは、炎症が起きるかで決まる

毎日洗わない方が良い人

髪を洗わないとどうなるかを解説しましたが、逆に洗いすぎで同じようなデメリットが起こる事があります。

頭皮に分泌されている、皮脂の成分や量が原因です。

人それぞれ皮脂の分泌量などは異なり、毎日シャンプーで洗ってしまうと取り除きすぎて頭皮が乾燥してしまう人も居ます。

頭皮が乾燥すると
  • フケが増える
  • かゆくなる
  • 炎症が起きて抜け毛が増える

これらを見て分かる通り、洗わないで皮脂が増えすぎた場合と同じような症状が出ます。

また、洗いすぎて皮脂を取りすぎると、逆に分泌量が増えることで過剰になることもあります。

そのため、自分の頭皮状態にあわせて、洗う頻度を調整すべきです。

毎日は洗わない方が良い人
  • パサパサしているフケが出る人
  • 頭皮がつっぱていて、乾燥しやすい人
毎日洗った方が良い人
  • ベタベタしているフケが出る人
  • 整髪料を付けている人
  • 汗をかく事が多い人

これらの違いは頭皮にある油分量です。

ワックスなどの整髪料には油分が多く含まれているため、必ずつけた日は洗い落とさなければいけません。

また、汗に乗って皮脂(油分)も増えるため、運動や力仕事などで汗をかくことが多い人も同様です。

これらが当てはまらず乾燥しやすい自覚がある人は、毎日必ず洗う必要はありません。

シャンプー剤を使わない湯シャンという手もあります。

>>湯シャンの効果とは?【フケで頻度を決める】

2日に1回など洗わない日を作ってみて、頭皮のベタベタ感やフケの有無を確認しながら頻度を決めると良いと思います。

メリット

毎日洗わないようにする事で、下記のようなメリットがあります。

時間が浮く
洗髪に掛かる時間がなくなることで、余裕ができます。
シャンプーの刺激が減る
含まれる界面活性剤(洗浄成分)は頭皮に多少の刺激を与えるため、洗わない事でこういったデメリットがなくなります。
シャンプー代の節約
シャンプー剤の使用量が減るため節約になります。

髪がまとまる

洗わない日を設けることで、皮脂量は必ず増えます。

皮脂は髪表面にも行き渡っているため、増える事で髪がしっとりしてまとまりやすくなります。

その反面、髪がぺったんこになりやすく、人によってボリュームダウンはデメリットです。

まとめ

髪を洗わなくても洗いすぎても、同じようなデメリットの症状が出ます。

そのため、自分の頭皮環境を把握し、皮脂量などによって洗う頻度を調整する必要があります。

頭皮に油分が多いかの目安となるのが、フケです。

乾燥していればパサパサで、油分が多ければベタベタなフケになるからです。

タイトルとURLをコピーしました