正しい髪の毛の洗い方とは?【下向き上向き問題】サラサラにする方法やロングの使用量

正しい髪の洗い方は下向き上向き問題髪の毛
髪の毛
こんな人におすすめのページ!!
  • 髪を洗う時は「下向き」「上向き」どちらが正しいのか気になった人
  • 美容室でゴシゴシ洗われ、不安になって調べている人
  • サラサラのツヤツヤに仕上げるコツを知りたい人
スポンサーリンク

正しい髪の毛の洗い方は下向き上向き問題

他人が髪を洗っている姿はあまり見ないため、どっち向きでみんな洗髪しているかなどを調べている人は多いと思います。

ネットで調べてみると「上向きが良い」という意見が多いようです。

しかし、根拠が十分でない理由ばかりのため、そのあたりについて解説します。

前かがみなどの下向きが多数派

まずは、どの向きで洗っている人が多いのかです。

銭湯では、前かがみの下向きで洗っている人が多いイメージがあります。

花王株式会社による6594人へのアンケート結果によると、下向きで洗っている人が多数派の様です。

読者6,594人の声 お風呂での「からだと髪の洗い方」どうしている?|発表!みんなのアンケート|花王 くらしの研究

また「髪を洗う時の向き」といっても、ずっと同じ姿勢のままとは限りません。

シャワーですすいでいる時と、シャンプー剤を付けている時とで向きが違う場合もあるかと思います。

その辺りは詳しく表記されていませんが、洗う時は下向きと答えた人が多いようです。

下向きだと顔や頭皮が「たるむ」は嘘

ネットで洗髪時の向きを調べると、下向きだと顔や頭皮がたるむという説があるようです。

しかし、そんな訳ありません。

理由
  • 何時間も下を向いている訳ではない
  • 下向きだと、とくべつ重力が掛かる訳ではない

髪を洗う数分~十数分の間、下を向いていたからと言って顔や頭皮がたるむというのは無理があります。

そんな簡単に皮膚がたるむなら、普段正面を向いている人全員の顔が垂れ下がってしまいます。

下向きでも正面を向いていたとしても、顔に下向きの重力は働いているからです。

また、シャワーの水圧や温度の影響も、理由にはなりません。

そんな変化が起こるなら、シャワーで自由自在に皮膚を動かせることになってしまうからです。

下向きが原因でキューティクルが傷つく事はない

キューティクルの向き

キューティクルは根元から毛先に向け、屋根瓦のように1枚1枚が重なっています。

そのため、毛先から根元に向けて逆方向にクシを通すと、キューティクルは傷つきやすいです。

しかし、下向きで髪を洗うことが原因で、逆方向に圧が掛かることはありません。

どの向きで洗っても毛先は下になり、キューティクルと同じ方向に水が流れるからです。

女性が気にするシャンプー剤が顔にかかるのは問題ない

下向きで洗うとシャンプー剤が顔についてしまい、肌荒れを起こしてしまうと考える人もいるようです。

しかし、そもそも顔と頭皮の皮膚は繋がっています。

頭皮にシャンプー剤をつけても問題ないのに、流すときに少し顔にかかると肌荒れを起こすというのは不自然です。

もしその程度で肌荒れを起こすなら頭皮も荒れているため、シャンプー剤が自分に合っていないと考えるべきです。

もちろん、シャンプー剤は頭髪を洗うことを目的に作られているため、顔を洗っていいという訳ではありません。

上を向いた場合に背中が荒れる原因

上を向いて洗う場合「背中が荒れる」というデメリットを紹介されている事があります。

これは単純に、背中に付いたシャンプー剤を洗い落とせていないだけです。

下向きで洗っても、シャンプーの泡が体に付いたままお風呂を出てしまうと肌荒れの原因になります。

背中は見えない部分ではありますが、向きは関係なく「お風呂の最後に全身シャワー」すれば防げます。

【結論】自分が洗いやすい向きでいい

化粧を落とさないため顔を濡らさないなどの特殊な場合を除き、どっちの向きが良い悪いという事はありません。

向きよりも、「汚れが落とせているか」「すすぎ残していないか」の方が重要です。

そのため、洗いやすい向きで行って洗髪に集中すべきです。

つまり

髪を洗う時は、自分が洗いやすい向きでいい

また、使用するシャンプー剤も重要で、合っていない物を使うと頭皮トラブルの原因になることがあります。

しかし、シャンプー剤の種類がありすぎて、何が自分に最適なのか分からない人は多いと思います。

そういう時にオススメなのが、遺伝子検査をして自分に合ったシャンプーを選んでくれる商品です。

あなたの遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプーを提案!『遺伝子博士』×ぴったりシャンプーコース

遺伝子の情報は生涯変わるものではないため、検査をせずに自分を知らないままなのは勿体ないです。

遺伝子検査をして自分に合ったシャンプーも選んでくれるため、今すぐ検査する事をおすすめします。

正しい髪の洗い方を順番に解説

まずはシャンプーの目的から、順番に解説していきます。

シャンプーの目的
  • 髪や頭皮についた汚れを落とす
  • 頭皮にある皮脂量のコントロール

洗髪なので汚れを落とすのはあたりまえですが、もう1つの目的である皮脂量のコントロールがとても重要です。

頭皮に分泌されている皮脂は、量によって良い物にも悪い物にもなってしまうからです。

皮脂量が適切ではない場合
皮脂が多すぎる場合
毛穴をつまらせたり、悪臭の原因になります。
>>頭皮が臭い理由とは?【治った人と治らない人の違い】
皮脂が少なすぎる場合
頭皮が乾燥することで、パサついたフケが増えたり静電気が起こりやすい状態になります。
>>髪の静電気防止対策とは?【なぜひどい状態に】

こういった事があるため、シャンプーの洗浄力や力加減に気をつけなければいけません。

正しい髪の洗い方を解説していきます。

女性だけでなく男性もブラッシング

ブラッシングの目的

頭を洗う前に行うブラッシングは、頭皮や髪の汚れを浮かすことが目的です。

お風呂に入る前にブラッシングを行っておくと、余分な皮脂や汚れを予洗いの時に落としやすくなるためシャンプーの泡立ちがよくなります。

とくに男性は皮脂の分泌量が多い傾向にあるため、洗い残しを防ぎ効率よくシャンプーするためにもブラッシングは必須です。

また、クッション性のあるブラシで正しく行えば、頭皮の血行促進効果も期待できます。

ブラッシングの方法

ポイント
  • 先に髪全体をほぐしながら、絡まりがないか確認
  • ブラシのピンの先が丸くなっている物や、クッション性のあるパドルブラシがおすすめ
  • 濡れた状態はキューティクルが開いてダメージになりやすいため、乾いた状態で行う

髪を洗う順番は「お風呂の最後」

髪が濡れている時はキューティクルの隙間が開き、ダメージを受けやすい状態です。

濡れている時間は極力短い方が良いため、髪を洗うのは「お風呂の最後」が基本となります。

とくにヘアカラーをしている人は、髪が濡れている時間が長いほど色落ちしてしまうので注意が必要です。

>>ヘアカラーを長持ちさせる方法とは?【髪色キープ】

また、上でも紹介した花王のアンケートによると、体を洗う時は「髪・頭」からと答えた人が多いようです。

浴槽入浴前に体を洗う人は、髪や顔だけお風呂の最後に分けたほうが良いです。

シャワーの温度を36度~39度に調整

髪のキューティクルは温度が上がるほど隙間が開く性質があり、低い温度の方がダメージが少なくすみます。

しかし、温度を低くしすぎると融点(個体から液体に変わる温度)の関係上、余分な皮脂を落とすのが難しくなります。

温度と皮脂の落としやすさ
お湯の温度40度以上
必要な皮脂まで落としてしまう可能性が高くなり、頭皮が乾燥しやすくなる
お湯の温度35度以下
皮脂が落としずらく、必要以上に残りやすくなる

これを参考にすると、下記がシャワー温度を決める目安になります。

39度
皮脂が多くベタ付きやすい人
37~38度
万能
36度
ヘアカラーしている人や、髪のダメージを極力減らしたい人

濡れた髪は優しく扱わないと空洞化【ためしてガッテン】

ここからの手順は髪が濡れた状態になり、キューティクルの隙間が開くため注意点を簡単に解説します。

濡れた状態の時に、髪同士をこすり合わせて摩擦を与えるとキューティクルが剥がれる原因になります。

髪外側でフタとして機能するキューティクルがなくなると、内部の栄養などが減ってしまう事があるそうです。

キューティクルがはがれ、さらに内部のメデュラとコルテックスの一部が髪から漏れ出すと内部が空洞になってしまいます。

出典元:傷んだ髪の共通サイン!“空洞化”を防ぐ新常識 – NHK ガッテン!

髪の毛の構造と部分名が分かる断面図

髪内部の栄養はハリやコシに影響しており、空洞化することで切れ毛が起こりやすくなります。

また、髪の水分量も減るため、ツヤの無いパサついたような髪質になってしまいます。

そうならないためには、濡れている髪をできるだけ優しく扱うことが大切です。

しっかり予洗いする

ブラッシングと合わせてしっかりと予洗いする事で、7~8割の汚れが落とせると言われています。

余分な皮脂や汚れが多いとシャンプーの泡立ちが悪くなってしまうため、予洗いはとても重要です。

ただ髪を濡らすだけではなく、シャンプーをつけている時同様に頭皮を軽くこするように洗う必要があります。

髪の毛を洗う時の部位分けのやり方と順番

画像のように頭を4ブロック程にわけて順番に洗うようにすると、全体をまんべんなく洗えるのでおすすめです。

湯シャンの人はここまでのため、シャンプー剤をつける時以上にしっかりと洗う必要があります。

>>湯シャンの効果とは?【フケで頻度を決める】

整髪料をつけてる人はコンディショナー

整髪料には多くの油分が含まれているため、1回のシャンプーだけで落としきれない事があります。

シャンプー剤で2度洗いするのは髪への負担が大きくなるため、以下の方法がおすすめです。

整髪料を落しやすくする方法
  • トリートメント
  • コンディショナー
  • リンス

これらを頭皮に付けないよう気を付けながら、髪の毛だけにつけて洗い流します。

落としやすくなる理由などは、下記のページで詳しく解説しています。

>>ヘアワックスの落とし方とは?

シャンプーの使用量はロングの人で2プッシュ

シャンプー剤によって推奨されている使用量は異なることがありますが、基本的には下記が目安となります。

シャンプー剤の使用量
ショート~ミディアム
1プッシュ
ロング(毛先が鎖骨より下)
2プッシュ

泡立ちが悪い場合などは、半プッシュほど追加して使用量を調整します。

ケチりすぎると泡立たなくなり、多すぎると髪に付けたあとに余分な泡がボタボタ落ちて少しもったいないです。

毎日使用する物のため、適切な量を使うことが頭皮にもお財布にも良い結果になります。

髪につける前に手やネットで泡立てる

シャンプー剤を手に取ったあとは、髪に付ける前に泡立てます。

泡立てる理由
  • シャンプー剤は、泡立てた状態を目安に作られているため
  • 泡により、髪同士の摩擦を軽減することができるため

原液の方が洗浄力が強く、髪や頭皮に付けてしまうと泡立てた時よりも刺激が強くなってしまいます。

手で泡立てる方法
  1. 蛇口から、少しだけお湯が出ている状態にする
  2. 水をくむ時のように左手を少し丸め、そこにシャンプー剤をのせる
  3. 蛇口から出ているお湯を少し足しながら、右手の指の腹(親指以外)で混ぜる
  4. しっかり泡立つまで、3番の手順を繰り返す

100均でも売っている泡立てネットを使用すると、簡単にキメ細かい泡になりやすいです。

泡がキメ細かいと、毛穴の汚れを落としやすいというメリットがあります。

しかし、泡立てネットを使用すると道具にシャンプー剤がとられるため、使用量を少し増やした方が良いです。

泡立てられるのであれば、ボディ用や洗顔用の物でも問題ありません。

頭皮をきれいに洗う方法

泡立てたシャンプーを髪全体につけながら、さらに泡立てていきます。

この時に泡が消えたらやり直し

髪にシャンプーをつけている最中に泡が消えた場合は、頭皮を洗う前に一回洗い流してください。

シャンプー剤の界面活性剤(洗浄成分)に水と空気が混ざる事で泡立ち、そこに皮脂や汚れが混ざるほど泡が消滅していきます。

泡がなくなるという事は、シャンプー剤によって洗い落とせる汚れの許容範囲を超えてしまっている事を意味しています。

そのため、泡立っていない状態で洗い終えてしまうというのは、余分な皮脂や汚れが残っている状態です。

また、そのまま洗うと摩擦ダメージが増加するため、一旦洗い落として仕切り直しをした方が良いです。

髪全体にまんべんなく泡立てたシャンプーが行き届いたら、頭皮を洗っていきます。

シャンプー時の手の動かし方とブロッキングの分け方

ポイント
  • 指の腹を使う
  • 最大の力を10とすると、3くらいの力加減でやさしく円を描く
  • 生え際から頭頂部へ、少しずつ手を移動させる

頭皮をコスるのは良くないと、力を抜いてほとんど動かさないのは恐れすぎです。

汚れを洗い残して本末転倒になってしまうので注意してください。

美容室でゴシゴシ洗われる理由

やさしく洗った方が良いと言われても、美容室ではゴシゴシ洗われるという人は多いと思います。

その理由は下記だと言われています。

  • 薬剤をしっかり落とすため
  • 爽快感を与えるため

お客さんに満足してもらうために、ゴシゴシと爽快感を与える洗い方をする事が多いそうです。

気持ちよく帰ってもらった方が次にまた来てもらいやすいため、ビジネスシャンプーと考えて良いと思います。

たまにだからこそ許されることで、正しいのは「やさしく洗う方法」で間違いないです。

シャンプーパックと頭皮マッサージ

シャンプー剤を付けた状態で頭皮マッサージを行うと、下記のメリットがあります。

メリット
  • 皮膚を動かすことで、毛穴の汚れを効果的に洗うことが出来る
  • 頭皮をほぐす事で、血行を良くする事が出来る

頭皮を動かすイメージで、ゆっくり行う事が大切です。

マッサージのやり方は、下記で解説しています。

>>髪の毛を早く伸ばすマッサージとは?【テクニシャン】

すすぎ洗いして洗い残しをチェック

すすぎでシャンプー剤を洗い残してしまうと、今までの工程がすべて無駄になってしまいます。

予洗いの時と同じで、頭を4ブロックに分けてすすぐと効率的に洗う事ができます。

洗い残しやすい場所
  • もみ上げ
  • 耳周り
  • 襟足

シャンプー剤によっては、頭皮に残りやすい物もあるため注意が必要です。

指の感覚を研ぎ澄まし、すすぎ終わったあとに頭全体を触ってヌメりや泡が残っていないか最終チェックを行うと安全です。

コンディショナーとトリートメントの順番

洗い流さないトリートメントをつける人は、ここの手順は不要だと思います。

髪に入れる事ができるケア成分の量には上限があり、いろんな物をつけても余分になってしまう可能性が高いからです。

順番の決め方
容器に何も書かれていない場合と、メーカーが異なる場合
トリートメントが先
容器に順番が掛かれている場合
指示に従う(コンディショナーが先が多い)

成分の特徴だけを見ると、トリートメントが先です。

コンディショナーは髪の外部へ対する効果が高く、先につけてしまうとトリートメント成分の浸透を邪魔してしまうからです。

しかし、市販で売っているものは、コンディショナーを先にするようホームページや容器に書かれている傾向にあります。

おそらく、シャンプー剤とコンディショナーをセットで売る事が多いためです。

そのため、トリートメントを最後につけた方が、仕上がりが良くなるよう改良されているのだと推測しています。

つける時のポイント
  • コンディショナーは、付けた後に流すまで時間を置かない
  • トリートメントは5分~10分ほど置いた方が効果が高い
  • トリートメントの放置時間を短くしたい場合は、揉みこんで浸透効率を上げる

また、コンディショナーなどは界面活性剤の影響で、殺菌力が高いことに加え成分が吸着しやすいです。

そのため、できるだけ頭皮につけないように注意してください。

タオルドライ

髪が濡れている状態はキューティクルの隙間が開きダメージを受けやすいため、素早く乾かす必要があります。

髪に含まれている水分量が多いほど、ドライヤーよりもタオルドライの方が乾かす効率が良いです。

タオルドライのやり方
  1. 頭皮の水分を先に、やさしく拭く
  2. 頭皮全体をある程度拭けたら、髪の毛をタオルで包み込む
  3. 少し圧をかけながら、タオルに髪の水分を吸わせる

サラサラにする洗い流さないトリートメント

洗い流さない分、コンディショナーや洗い流すタイプの物より髪質への影響が大きいです。

ドライヤーの直前に、中間から毛先にかけて重点的につける事が推奨されています。

洗い流さないトリートメントは、種類によって仕上がりに差が出ます。

種類と仕上がり
ミストタイプ
サラサラ
クリームタイプ
サラサラとしっとりの中間
オイル、ミルクタイプ
しっとり

サラサラに仕上げたい場合はミストタイプです。

他の種類よち油分がすくないため、サラサラヘアに仕上がります。

また、油分を多く含んでいるミルクやオイルタイプの物は、頭皮に付けるとベタ付くため注意してください。

ドライヤーでツヤツヤになるよう乾かす

頭皮や髪が濡れた状態を放置してしまうと、湿気を好む常在菌が増えることで頭皮トラブルの原因になるのでドライヤーで乾かすのは必須です。

ドライヤーの乾かし方
  • 強温風で根元から中心に、半乾きになるまで乾かす
  • 弱温風にして髪型を整えながら、少し湿り気が残る程度まで乾かす
  • 冷風で仕上げる

>>ドライヤーのかけ方とは?【風を味方に】

ツヤツヤに仕上げるためには、髪に水分量を残す事が重要です。

キューティクルは温度が下がると引き締まるため、最後の冷風を行うことで髪に水分を残すことができます。

サラサラのツヤツヤにしたい
  • ミストタイプの洗い流さないトリートメントを使用
  • ドライヤーの温風で8~9割乾いたら、冷風で仕上げる

シャンプー剤を使うかはフケやニオイで判断

毎日シャンプー剤で洗う事は、すべての人にとって最適ではありません。

頭皮の保湿や保護をしている「皮脂」の分泌量が、人によって異なるからです。

皮脂が少ない人が毎日シャンプーで洗うと、取り除きすぎて頭皮が乾燥してしまう事があります。

シャンプー剤で洗うべきかは、「フケ」や「臭い」が判断目安になります。

フケの特徴で水洗いだけにするかを判断

頭からフケが出ている場合、特徴によって頭皮の状態を判断することができます。

フケの種類と特徴
乾性ふけ(パサパサ)
頭皮が乾燥している状態
脂性ふけ(ベタベタ)
頭皮にある皮脂が過剰な状態

乾燥している場合には、湯シャンにするかシャンプー後に育毛剤などで保湿ケアをする必要があります。

逆にベタ付きを感じる人は、皮脂が過剰になっているためシャンプー剤で洗うべきです。

湯シャンにすると皮脂が抑えられるという人がいますが、間違いであると証明する論文を下記で解説しています。

>>湯シャンの嘘とは?【科学的根拠と共に】

臭い人はシャンプー剤で洗うべき

頭皮が臭い場合、ニオイの根源となっているのは「皮脂」と「汗」です。

これらを皮膚常在細菌が脂肪酸に変えたり、時間経過や紫外線によって酸化することでニオイ原因物質に変化します。

>>湯シャンの人は臭い?【相性次第でイイ匂い】

つまり

頭皮が臭い人は皮脂や汗が多いため、シャンプー剤で洗うべき

メンズや中学生などの湯シャン選択は慎重に

基本的に皮脂が多い人は、湯シャンではなくシャンプー剤で洗った方が無難です。

皮脂分泌の研究をした論文によると、メンズや学生は分泌量が多いという結果になっています。

思春期の男女は分泌機能が良く, 特に男子の方が盛んである。

出典元:皮脂分泌の動態に関する研究 (その1)-CiNii

そのため、メンズや中学生などで湯シャンをやってみたいという人は、フケやニオイなどをもとに慎重に判断すべきです。

まとめ

髪の毛を洗う向きは、「自分の洗いやすい方」で問題ありません。

美容師さんはビジネスシャンプーでゴシゴシ洗ったりするため、自分で洗う時は真似して強く擦るように洗ってはいけません。

シャンプー剤は泡立った時を目安に作られているため、髪や頭皮につける前にめんどくさがらずに泡立てた方が良いです。

髪が濡れている時はキューティクルの隙間が開きダメージを受けやすいため、やさしく扱う必要があります。

タイトルとURLをコピーしました