地毛に戻す方法とは?【グラデーションカラーでプリン対策】ショートで掛かる期間など

地毛に戻す方法とグラデーションカラーがおすすめな理由ヘアカラー
ヘアカラー
こんな人におすすめのページ!!
  • ヘアカラーに関わる手間が嫌になり、地毛に戻す方法を探している人
  • 髪のダメージを一旦リセットさせたい人
  • ショートやロングなどの、地毛に戻すのに掛かる期間を知りたい人
スポンサーリンク

地毛に戻す方法

ヘアカラーする手間が嫌になったり髪のダメージをリセットさせたい人で、地毛に戻す方法を探している人は多いと思います。

その際、美容院に行く手間も省きたい場合は、下記のページを参考にしてください。

>>セルフで地毛に戻すには?【カラートリートメント最適】

経過によって最適な染め方が変わる

地毛に戻す時は、下記のような染め方が効果的です。

地毛に戻す時に効果的な染め方
  • カラーしている部分だけ、地毛の色に合わせて染める
  • プリンが目立ちづらいデザインカラーで染める

プリンが目立ち始めて染め直しをするまでの期間は、デザインカラーで染めた方が長持ちします。

そのため、地毛に戻すと決めてからの地毛部分が短いうちは、デザインカラーに染める方が最適です。

デザインカラーに派手なイメージを持つ人も居ますが、黒ベースでも出来る暗いトーンなら自然な仕上がりにする事も可能です。

また、地毛を早く伸ばしたい場合は下記のページを参考にしてください。

>>髪の毛を早く伸ばす方法とは?【最高速度100%へ】

経過が進み、カラーしている部分が短くなったら「地毛の色に合わせて染める」で仕上げるのが理想となります。

理由やメリットを思い出してモチベを保つ

地毛に戻す場合、女性のショートヘアでも1年以上の長い期間を要することになります。

期間中に辞めようか迷った時は、「地毛に戻そうと思った理由」や「ヘアカラーを辞めるメリット」を考えるのがおすすめです。

メリット
  • 定期的な染め直しやリタッチに掛かる、お金や手間が省ける
  • カラーシャンプーなどのカラー後に行うケアをしなくて済む
  • 恥ずかしいプリン状態で過ごす期間がなくなる
  • 髪質が改善され、手触りや見た目が良くなる

これらを一旦考え、その後で辞めるかどうかの選択をしたほうが後悔しないと思います。

ショートに切るという選択肢

髪が短いほど地毛に戻すまでの期間が短くなり、染める手間も減ります。

ただ、髪の長さは一旦切ってしまうと、ヘアカラーのようにすぐ戻すことは出来ません。

そのため、ロングヘアからショートに切る時は覚悟が必要ですが、地毛に戻すための一番効果的な方法となります。

  • 地毛に戻すと決めてからすぐ
  • グラデーションカラーなどに染め、地毛を伸ばしたあと
  • カラー部分が短くなり、最後の仕上げのタイミング

こういった地毛に戻す経過中、どのタイミングでも「ショートに切る」は最適です。

グラデーションカラーでプリン対策【前半~中盤】

地毛に戻す経過中の前半~中盤におすすめなのが、グラデーションカラーなどのデザインカラーです。

グラデーションカラーとは、毛先にかけてトーンが段々に明るくなるヘアカラーの事です。

グラデーションカラーにカラーした髪の毛

地毛との境界線に中間色が入ることでぼかされ、地毛が伸びてもプリン感が出づらいメリットがあります。

プリンだと思われやすい原因
  • 根元の色とカラーしている部分の色の差が大きい
  • 地毛とカラーの境界線が揃っている
  • 髪の毛にツヤやハリがない

こういった原因を抑えてプリンになりづらいため、色や長さによっては半年ほど染め直しせずに過ごせます。

黒髪ベースで出来るような暗いトーンの方が色持ちがよいため、地毛に戻すときは落ち着いた色が最適です。

地毛に戻す経過中の前半~中盤に暗めのグラデーションカラーに染めることで、オシャレな状態のまま地毛を伸ばす事ができます。

スポンサーリンク

ハイライトとローライト

次におすすめするデザインカラーは、ハイライトとローライトです。

ハイライトカラーとはベースとなる髪全体の色より明るい色を、縦方向に細い毛束の筋ができるように染めるヘアカラーです。

ハイライトカラーにカラーした髪の毛

ハイライトの種類
シークレットハイライト
縦筋を入れる間隔が狭い
インナーハイライト
インナー(内側)部分だけ染める
フェザーハイライト
髪の中間から毛先だけ染める

ハイライトを入れて地毛が伸びるとフェザーハイライトとしても楽しめますし、意図してなくても言い張ることが出来ます。

ハイライトとローライトとの違いは、ベース全体の色との明暗差です。

髪全体の色より暗い色の縦筋を染める場合が、ローライトカラーになります。

ローライトにカラーした髪の毛

部分的に染めているため地毛とカラー部分の境目がはっきりせず、伸びてもプリン感がでずらいメリットがあります。

とくに、何度もブリーチして金髪などの明るい髪の人ほど、ローライトで根元を伸ばすのがおすすめです。

バレイヤージュ

次におすすめするのは外国人風デザインカラーの定番、バレイヤージュです。

染め方は異なりますが、グラデーションカラーとハイライトを組み合わせたような見た目です。

バレイヤージュにカラーした髪の毛

地毛とカラー部分の境目が不均一のため、根元が伸びてプリンと感じるまでの期間が長くなるのがメリットとなります。

ネットで検索してみると失敗例も多いため、美容院選びをしっかり行う必要があります。

ハイライトと間違われることがありますが、違いは毛先にかけてグラデーションになっているのがバレイヤージュです。

グラッシュ

グラッシュは、メッシュとグラデーションカラーを組み合わせたものです。

グラッシュにカラーした髪の毛

見た目は、バレイヤージュの縦筋が太いイメージとなります。

グラッシュも地毛とカラー部分の境界線がぼやけるため、プリンになりづらいメリットがあります。

地毛に合わせて染める【中盤~後半】

地毛部分が短い時でも可能ですが、色落ちして明るくなると境目がはっきりしてプリンが目立ちます。

とくにロングヘアの女性の場合は、染め直しの頻度や手間を考えると地毛に戻す経過の中盤~後半が最適です。

男性や女性のショートヘアであれば、手間などの差は考えずに好みで決めて良いと思います。

また、地毛の色は全員同じではなく、黒染めとは少し異なるので注意が必要です。

>>地毛が茶色いのはなぜ?【うらやましい】

色落ち対策もする

美容室で染めてもらったあとは、長持ちさせるために色落ち対策をすべきです。

とくに効果が高いのがカラーシャンプーです。

色落ちを防ぐのではなく、髪表面に色を補充することで髪色を長持ちさせます。

>>ヘアカラーを長持ちさせる方法とは?【髪色キープ】

薄い色のついたテープを貼るようなイメージのため、暗い地毛の部分には変化がありません。

しかし
  • 髪がキシみやすい
  • お風呂や手が汚れるのがストレス

>>カラーシャンプーとは?【3つの効果】

こういったデメリットにより、あまりカラーシャンプーを使いたくない人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが、カラーグロスシャンプーです。

色のついたグロスで髪をコーティングし、色落ちを軽減しながらツヤのある髪に仕上がります。

髪を染める訳ではないため、お風呂や手が汚れることなく普段使いもできます。

COOLタイプ
青みのある寒色系に染めている人向け(アッシュ系など)
WARMタイプ
赤みのある暖色系に染めている人向け(茶系など)

【Amazon】

rasicaカラーグロスシャンプー

【楽天】
rasicaカラーグロスシャンプー

【公式】
rasica(ラシカ)公式サイト

トリートメントとセット購入の場合は、公式サイトが1番お得です。

ヘアカラーは日々刻々と色落ちしているため、今すぐシャンプーやトリートメントを見直すべきです。

地毛に戻すまでに掛かる期間

地毛に戻すまでに掛かる期間は、「髪の長さ」と「髪の伸びる速さ」によって予測することができます。

髪の長さの基準と顔の大きさの平均値

髪の長さの基準
ショート
あごより上
ミディアム
あご~鎖骨
ロング
鎖骨より下

髪の毛は1か月で平均1.2cm、1年だと15cmほど伸びます。

>>髪が伸びるのが早い人とは?【世界1位と比較】

ショートヘア

ショートヘアは髪の毛先がアゴの位置よりも上の長さを指すため、平均的な顔の大きさを基準にすると分かりやすいです。

顔の大きさの平均
男性
23.0cm
女性
21.5cm

平均的な髪の伸びる速さと合わせて計算すると、ショートの地毛に戻すまでに掛かる期間は下記になります。

ベリーショート(毛先が耳辺り)
約1年
毛先がアゴくらいのショート
2年掛からない程度

ミディアムヘア

ミディアムはアゴ~鎖骨あたりの髪の長さを指すため、平均的な顔の大きさと首の長さが分かると予測がつきます。

首の長さの平均
男性
11.0cm
女性
9.4cm

ミディアムの地毛に戻すまでに掛かる期間は、2年半くらいが目安です。

ロングヘア

ロングヘアは髪の長さが鎖骨より下の場合を指し、鎖骨に近い場合はセミロングと呼ばれます。

ミディアムに掛かる期間を参考にすると、ロングの地毛に戻すまでに掛かる期間は下記になります。

セミロング
約2年半~3年
胸より下のロングヘア
3年半以上

期間を早めたい場合は、下記のページを参考にしてください。

>>髪の毛を早く伸ばす方法とは?【最高速度100%へ】

まとめ

地毛に戻す方法は、経過によって最適な染め方が異なります。

地毛部分が短い
デザインカラー
地毛がある程度伸びたら
地毛に合わせて染める

また、髪が短いほど地毛に戻すまでの期間が短くなるため、ロングの人ほどショートに切ることで時短になります。

地毛に戻すまでの期間はショートでも1年以上、ロングでは3年以上かかると思ったほうが良いです。

期間中に戻すのを辞めるか迷ったら、地毛に戻すきっかけになった理由やメリットを思い出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました