地毛に戻す方法とは?【グラデーションカラー】美容院での頼み方やショートで戻す期間

地毛に戻す方法とグラデーションカラーがおすすめな理由ヘアカラー
ヘアカラー
こんな人におすすめのページ!!
  • ヘアカラーに関わる手間が嫌になり、地毛に戻す方法を探している人
  • 髪のダメージを一旦リセットさせたい人
  • ショートやロングの場合、地毛に戻すための期間は何年か知りたい人
スポンサーリンク

地毛に戻す方法

ヘアカラーの手入れが嫌になったり、髪のダメージを一旦リセットさせたいという人は多いと思います。

「黒髪に戻したい」「ヘアカラーやめたい」という理由で、地毛に戻すための方法を探しているのではないでしょうか。

美容院に行く手間も省きたい場合は、下記のページを参考にしてください。

>>セルフで地毛に戻すには?【カラートリートメント最適】

美容院での頼み方や予約の仕方

地毛に戻すため何をしたいかが決まっている場合と、そうでない時の2パターンの頼み方を解説します。

美容師さんにどう頼んだらいいのか分からない人は、以下の定型文を参考にしてみてください。

美容院の予約の仕方

名前や予約日を伝え、施術内容を聞かれたら

  • 「髪色を地毛に戻していきたいので、どうすればいいか担当の方に1回相談したいのですが」
  • 「(決めているヘアカラーやカット)でお願いします」
美容院での頼み方
  • 「髪色を地毛に戻していきたいのですが、どうすれば良いと思いますか?」
  • 「髪色を地毛に戻していきたいので、(決めているヘアカラーやカット)お願いします。」

もし初めていく美容院であれば、必ず髪の履歴(カラーやパーマ回数)を伝える必要があります。

近くの良い美容院を探すのであれば「ホットペッパービューティー」がおすすめです。

また、地毛に戻す方法を美容師さんに相談する場合であっても、予備知識があった方が決めやすいです。

このページでは、地毛に戻す時にどんな方法があるのかを詳しく解説します。

経過によって最適な染め方が変わる

地毛に戻す時は、下記のような染め方が効果的です。

地毛に戻す時に効果的な染め方
  • カラーしている部分だけ、地毛の色に合わせて染める
  • プリンが目立ちづらいデザインカラーで染める

>>わざとプリンを活かすヘアカラーとは?【染めたくない】

プリンが目立ちづらいデザインカラーとは、地毛とカラー部分の境目をぼかすようにする染め方です。

わざとプリンを活かすヘアカラーの方法

色持ち期間は、デザインカラーで染めた方が長持ちします。

地毛の色に合わせて染める場合、色落ちして明るくなった時にプリンのラインが見えやすいからです。

>>ヘアカラー後に色落ちして明るくなる理由とは?【だんだんに】

そのため、地毛部分がまだ短いうちは、デザインカラーがおすすめです。

デザインカラーでも黒ベースで出来る暗いトーンであれば、自然な仕上がりにする事も可能です。

つまり

地毛が短いうちはデザインカラー、しばらく経過してから地毛色に合わせて染めるのがおすすめ

また、地毛を早く伸ばしたい場合は下記のページを参考にしてください。

>>髪の毛を早く伸ばす方法とは?【最高速度100%へ】

早く戻したいならショートに切る【全期間】

地毛に戻すまでの期間を早めたいのであれば、ショートに切るのが理想です。

ただ、髪の長さは一旦切ってしまうと、ヘアカラーのように短期間で戻すことは出来ません。

ロングヘアな人ほど覚悟が必要ですが、地毛に戻す期間はぐっと短くなります。

手入れが面倒で地毛に戻したいと考えている人は、選択肢に入るかと思います。

ショートに切るタイミングは自由

地毛に戻すと決めてからすぐショートにするも良し、経過が進み最後の仕上げにバッサリ切るも良し

グラデーションカラーでプリン対策【前半~中盤】

地毛に戻す経過中の前半~中盤におすすめなのが、グラデーションなどのデザインカラーです。

グラデーションカラーとは、毛先にかけてトーンが段々に明るくなるヘアカラーの事です。

グラデーションカラーにカラーした髪の毛

地毛との境界線に中間色が入ることでぼかされ、地毛が伸びてもプリン感が出づらいメリットがあります。

プリンだと思われやすい原因
  • 根元の色とカラーしている部分の色の差が大きい
  • 地毛とカラーの境界線が揃っている
  • 髪の毛にツヤやハリがない

上2つの原因を抑えられるため、色や長さによっては半年ほど染め直しせずに過ごせます。

黒髪ベースで出来るような暗いトーンの方が色持ちがよいため、地毛に戻すときは落ち着いた色が最適です。

グラデーションカラーに染めることで、オシャレな状態のまま地毛を伸ばす事ができます。

スポンサーリンク

ブリーチした髪を暗めに戻すにはローライト

次におすすめするデザインカラーは、ローライトです。

ローライトカラーとは髪全体より暗い色を、縦方向に細い毛束の筋ができるように染めるヘアカラーです。

そのため、明るくブリーチした髪を暗めに戻す場合、とくにおすすめです。

>>ブリーチやめたい時の戻し方とは?【グラデーション】

ローライトにカラーした髪の毛

部分的に染めているため地毛とカラー部分の境目がはっきりせず、伸びてもプリン感が出づらいのがメリットです。

あえて全体を地毛色に染めるのではなく、ローライトのラインを入れる事で染め直しまでの期間を伸ばす事ができます。

派手な髪色で地毛に戻したいならハイライト

ハイライトとローライトの違いは、ベース全体の色との明暗差です。

髪全体よりも明るいラインを入れるヘアカラーが、ハイライトになります。

派手な髪色を楽しみつつ、地毛の色に戻したい場合におすすめです。

ハイライトカラーにカラーした髪の毛

ハイライトの種類
シークレットハイライト
縦筋を入れる間隔が狭い
インナーハイライト
インナー(内側)部分だけ染める
フェザーハイライト
髪の中間から毛先だけ染める

ハイライトと言っても、このようにデザインの種類は豊富です。

ハイライトを入れて地毛が伸びると、フェザーハイライトとして楽しめます。

外国人風カラーの定番バレイヤージュ

次におすすめするのは外国人風デザインカラーの定番、バレイヤージュです。

染め方は異なりますが、グラデーションカラーとハイライトを組み合わせたような見た目です。

派手なイメージがありますが、暗いトーンをベースにすることで落ち着いた大人な印象にする事もできます。

バレイヤージュにカラーした髪の毛

地毛とカラー部分の境目が不均一のため、根元が伸びてプリンが目立ちません。

ネットで検索してみると失敗例も多いため、美容院選びをしっかり行う必要があります。

ハイライトと間違われることがありますが、違いは毛先にかけてグラデーションになっているのがバレイヤージュです。

メッシュやグラッシュ

メッシュとは、ハイライトよりも太い縦ラインを入れるヘアカラーです。

不均一に間隔をあけて縦ラインを入れるのが一般的になります。

このメッシュにグラデーションカラーを合わせてものがグラッシュです。

メッシュにカラーリングした髪の毛

グラッシュにカラーした髪の毛

見た目は、バレイヤージュの縦筋が太いイメージとなります。

メッシュやグラッシュも地毛とカラー部分の境界線がぼやけるため、プリンになりづらいメリットがあります。

地毛に合わせて染める【中盤~後半】

地毛部分が短い時でも可能ですが、色落ちして明るくなると境目がはっきりしてプリンが目立ちます。

とくにロングヘアの女性の場合、染め直しの頻度や手間を考えると経過の中盤~後半がおすすめです。

男性や女性のショートヘアであれば、手間などの差は考えずに好みで決めて良いと思います。

また、地毛の色が黒髪だとしても、人それぞれトーンが異なります。

>>地毛が茶色いのはなぜ?【うらやましい】

ただ黒染めすればいい訳ではないので、キレイに染まるかは美容師さんの腕次第です。

スポンサーリンク

地毛を伸ばすためにヘアアクセルレーターを併用

髪の伸びる限界速度は遺伝などによる個人差があり、それ以上早く伸ばす事はできません。

しかし、頭皮環境の乱れなどが原因で、本来の伸びる速さより遅くなっている事があります。

そのため、早く伸ばして地毛に戻したいのであれば、カラーと併用して髪が成長する環境を整えることが大切です。

おすすめは「ヘアアクセルレーターEX」です。

細胞が髪をスムーズに作れるよう、環境を整える効果が期待できます。

\髪の成長促進サポート/
【Amazon】

ヘアアクセルレーターEX

【楽天】
ヘアアクセルレーターEX

【Yahoo】
ヘアアクセルレーターEX

詳しい有効成分などの効果は、下記で解説しています。

>>ヘアアクセルレーターの効果とは?【EXとの違い】

地毛の色に戻すまでの期間は何年か

地毛に戻すまでに掛かる期間は、「髪の長さ」と「髪の伸びる速さ」によって予測することができます。

髪の長さの基準と顔の大きさの平均値

髪の長さの基準
ショート
あごより上
ミディアム
あご~鎖骨
ロング
鎖骨より下

髪の毛は1か月で平均1.2cm、1年だと15cmほど伸びます。

>>髪が伸びるのが早い人とは?【世界1位と比較】

ショートヘア

ショートヘアは髪の毛先がアゴの位置よりも上の長さを指すため、平均的な顔の大きさを基準にすると分かりやすいです。

顔の大きさの平均
男性
23.0cm
女性
21.5cm

平均的な髪の伸びる速さと合わせて計算すると、ショートの地毛に戻すまでに掛かる期間は下記になります。

ベリーショート(毛先が耳辺り)
約1年
毛先がアゴくらいのショート
2年掛からない程度
スポンサーリンク

ミディアムヘア

ミディアムはアゴ~鎖骨あたりの髪の長さを指すため、平均的な顔の大きさと首の長さが分かると予測がつきます。

首の長さの平均
男性
11.0cm
女性
9.4cm

ミディアムの地毛に戻すまでに掛かる期間は、2年半くらいが目安です。

ロングヘア

ロングヘアは髪の長さが鎖骨より下の場合を指し、鎖骨に近い場合はセミロングと呼ばれます。

ミディアムに掛かる期間を参考にすると、ロングの地毛に戻すまでに掛かる期間は下記になります。

セミロング
約2年半~3年
胸より下のロングヘア
3年半以上

期間を早めたい場合は、下記のページを参考にしてください。

>>髪の毛を早く伸ばす方法とは?【最高速度100%へ】

「黒髪に戻したい」「ヘアカラーやめたい」理由で乗り切る

地毛に戻す場合、女性のショートヘアでも1年以上の長い期間を要することになります。

期間中に辞めようか迷った時は、「黒髪に戻したい」「ヘアカラーやめたい」理由をもう一度考えるべきです。

メリット
  • 定期的な染め直しや、リタッチに掛かるお金や手間が省ける
  • カラーシャンプーなどのカラー後に行うケアをしなくて済む
  • 恥ずかしいプリン状態で過ごす期間がなくなる
  • 髪質が改善され、手触りや見た目が良くなる

>>髪は染めない方がいい?【黒髪美人】

これらを一旦考え、その後で辞めるかどうかの選択をしたほうが後悔しないと思います。

まとめ

地毛に戻す方法は、経過によって最適な染め方が異なります。

地毛部分が短い
デザインカラー
地毛がある程度伸びたら
地毛に合わせて染める

また、髪が短いほど地毛に戻すまでの期間が短くなるため、ロングの人ほどショートに切ることで時短になります。

地毛に戻すまでの期間はショートでも1年以上、ロングでは3年以上かかると思ったほうが良いです。

期間中に戻すのを辞めるか迷ったら、地毛に戻すきっかけになった理由やメリットを思い出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました