カラーした次の日の朝にシャンプーして良い?【我慢不要】したいのに2日待つは間違い

カラーした次の日の朝にシャンプーしたい場合ヘアカラー
ヘアカラー
こんあ人におすすめのページ!!
  • ヘアカラーで染めてから時間はあまり経っていないけど、頭を洗いたい人
  • ヘアカラー後にシャンプーまで空けるべき時間は、美容師さんによって言っている事が違くて正解を知りたい人
  • セルフカラーの説明書には、当日シャンプーしてはいけないと書いてなくて何を信じればいいか分からなくなった人
スポンサーリンク

カラーした次の日の朝にシャンプーしたい場合

「ヘアカラーした当日はシャンプーは控えた方が良い」と聞いた事があると思います。

そして、次の日の朝は大丈夫なのかと、気になっているのではないでしょうか。

結論

「ヘアカラー後に色素が定着するまで時間が掛かる」は間違いのため、洗いたければ無理して我慢する必要はありません。

色落ちする仕組みや原因を詳しく知りたい場合は、下記のページを参考にしてください。

>>ヘアカラーが一週間で色落ちする原因とは?【別れの期間】

洗っても良いか調べている人は、色落ちが早くならないかが心配だと思います。

しかし、実は良く言われている、シャンプーまで何時間空けた方が良いというのは根拠が不明です。

また、ヘアカラーしてから間もないほど残留薬剤の影響が出やすいですが、1~2日あけた所で大きな差はでません。

つまり

洗うのを我慢して時間をあけたところで、明確に色持ちがよくなる訳ではありません

むしろ、頭皮トラブルを避けるためにも、不快感などがあれば洗った方が良いです。

髪の毛であれば切ったり染め直しができますが、頭皮状態の悪化は将来性にかかわってくる場合があるからです。

スポンサーリンク

【当日はシャンプーを控えて2日あける】は間違い

結論

「ヘアカラー後に色素が定着するまで時間が掛かる」は間違っている

ヘアカラーした後は、しばらくの間はシャンプーをしない方が色持ちが良いというのが定説です。

しかし、あけるべき明確な時間は、美容師さんの中でも意見がわかれています。

よく聞くヘアカラー後のシャンプーまでの時間
  • 24時間~48時間
  • 48時間以内は、お湯だけで洗う
  • 24時間たてば、48時間待っても変わらない
  • 1週間
  • 当日にシャンプーしても良い

人によって時間はバラバラですが、あけるべき理由は大抵同じです。

「ヘアカラーしてから、カラー色素が定着するまで時間が掛かると言われているから」

また、カラー剤の説明書には「染めた後にシャンプーまで時間をあける」といった内容は書かれていません。

カラー色素の定着とは

定着に時間が掛かると言いますが、そもそもカラー色素が定着するとはどういった状態の事なのか解説します。

カラー剤は以下の構成で出来ています。

ヘアカラー剤の中身
1剤
酸化染料
アルカリ剤
2剤
酸化剤(過酸化水素水)

カラー色素が定着するというのは、上記の薬剤によって髪内部に大きな色素分子が作られた状態の事です。

ヘアカラーの色素が定着するまで

髪内部の隙間に大きな色素分子が挟まり、髪外側はキューティクルなどがフタとして機能することで閉じ込められます。

色素分子が髪内部にできるまで
  • アルカリ剤と酸化剤が混ざると、酸素が発生
  • 発生した酸素と酸化染料が混ざることで、大きな色素分子が出来上がる

カラー色素が定着するまで時間が掛かるという事は、ヘアカラー後にも上記のような反応がおきている事になります。

また、髪内部に吸着するまで時間が掛かると考える人もいるようです。

しかし、24~48時間かけて吸着するなら、薬剤を洗い落とす時のシャンプーで確実に色ムラになってしまいます。

薬剤が反応するのは髪が濡れている時

ヘアカラー後には必ず薬剤の成分が残り、これを残留薬剤と呼びます。

しかし、薬剤が化学反応を起こすのは髪が濡れている時だけです。

放置する時にラップを巻いたりするのも、「乾かさないため」というのが理由の1つとしてあります。

つまり

ヘアカラー施術後、髪が乾いた状態で反応を起こすことはありません

そもそも施術後に残留薬剤は除去すべきものです。

下記の残留薬剤により、ヘアカラーが色落ちする原因になってしまうからです。

色落ちの原因となる残留薬剤
残留アルカリ
髪のpHがアルカリに傾き、フタとして機能しているキューティクルの隙間が開きやすくなる
残留過酸化水素(残留オキシ)
髪内部に残っているとメラニン色素を分解して、ベースの髪色が明るくなってしまう

カラー色素の定着どころか、逆に残留薬剤のせいで色持ちが悪くなってしまいます。

また、これらは頭皮にも残留し、過酸化水素によって髪を作る細胞が劣化(老化)する可能性もあります。

そのため、ヘアカラー後の数日~1週間前後は、「zeroカラーケアフォーム」での自宅ケアをおすすめします。

残留薬剤の処理剤とカラー後のケア剤を兼ねた商品で、いつものシャンプー前に使うだけです。

\色持続!カラー後の自宅ケアに/
【Amazon】

ZERO カラーケアフォーム

【楽天】
ZERO カラーケアフォーム

【Yahoo】
ZERO カラーケアフォーム

ヘアカラーした後に頭髪に残留した薬剤は、除去すべき物です。

そのため、残留薬剤にカラー色素の定着を期待するのは間違いです。

空気酸化の可能性

残留アルカリと残留オキシを除去したあとに、酸化染料だけが髪に残ったとします。

酸化染料は酸素と結びついて大きな色素分子を作りますが、アルカリとオキシが無い場合は酸素が発生しません。

では、空気中の酸素で代用できないかと考えますが、それは無理です。

理由
  • 薬剤が反応を起こすのは、髪が濡れている時だけだから
  • 髪内部に空気中の酸素が出入りするというのは考えづらい

昔は空気酸化によって色が定着すると言われていたらしいのですが、現在では上記の理由で「空気酸化はしない」が定説です。

空気酸化が期待できるのであれば「しばらくウェットの状態で過ごしてください」という話が出てくるはずです。

そのため、空気酸化によるカラー色素の定着は、期待できません。

カラー後の定着時間を研究した論文はない

念のため、ヘアカラー後の髪にカラー色素が定着するまでの時間を研究した、データや論文がないか調べてみました。

論文を探したサイト一覧

しかし、ヘアカラーで染め終わったあとに、髪に定着するまで時間が掛かるといったデータはありませんでした。

これらすべての事から

「ヘアカラー後に色素が定着するまで時間が掛かる」は否定されます。

スポンサーリンク

カラーした日にシャンプーしてしまったとしても問題ない

残留薬剤除去をしていない場合、ヘアカラーしてから間もないほど髪に残っている残留薬剤の量は多いです。

そのため、残留アルカリの影響によりキューティクルの隙間が開きやすく、わずかに色落ちしやすいのは確かです。

また、残留量はヘアカラー1剤のアルカリ剤に、モノエタノールアミンが含まれていたかなどで上下します。

モノエタノールアミン 不揮発性のためニオイは少ないが、毛髪への残留が多い。

出典元:ケミカル講座 vol.2「パーマのしくみ・基礎知識(2)」|デミ コスメティクス

モノエタノールアミンが含まれていない場合、揮発性の高いアンモニアなどのため残留量は少ないです。

美容室ではアンモニアと「炭酸水素アンモニウム」や「アルギニン」を合わせた薬剤が多いようです。

例えば

業務用で人気の、ミルボン(オルディーブ)やナプラ(ナシード)など

しかし、どちらにせよ1日2日あけたとしても、色落ちに大きな変化はありません。

モノエタノールアミンでも、24時間~48時間あけたところで自然に減る量は少ないからです。

ケア方法などで変わりますが、モノエタノールアミンは数週間かけて自然に抜けていくと言われています。

つまり

当日にシャンプーしてしまったとしても、時間を空けた場合と気にするレベルの差はないので心配ありません

色落ちを防ぎたいのであれば、シャンプーするまで時間を空けるよりもケア方法の方が重要です。

ヘアカラー後の数日~1週間前後は、「zeroカラーケアフォーム」での自宅ケアをおすすめします。

残留薬剤の処理剤とカラー後のケア剤を兼ねた商品で、いつものシャンプー前に使うだけです。

\色持続!カラー後の自宅ケアに/
【Amazon】

ZERO カラーケアフォーム

【楽天】
ZERO カラーケアフォーム

【Yahoo】
ZERO カラーケアフォーム

また、美容室によってはカラー後しっかり残留薬剤除去をしてくれるため、サロン選びも重要です。

除去処理をすれば、残留薬剤の影響がさらに少なくなります。

ヘアカラーを長持ちさせる方法は、下記で詳しく解説しています。

>>ヘアカラーを長持ちさせる方法とは?【髪色キープ】

頭皮を考えるとカラーした日はお湯だけ

1日に何度も髪を洗うと、頭皮の保護や保湿をしている皮脂を取り除きすぎて乾燥しやすいです。

色持ちに大差はありませんが、乾燥しやすい人だとカラーした日は湯シャンの方が頭皮には良いと思います。

しかし、どうしても洗いたい場合は我慢をする必要はありません。

1日だけ2回洗う日があったとしても、大きな問題にはならないと思うからです。

いつからではなく、どう洗うかが大事

髪を洗う度にヘアカラーは色落ちします。

そのため、髪を洗うときに使用する、シャンプー剤やトリートメント選びも重要です。

カラー後におすすめのシャンプーとトリートメント

ヘアカラーを長持ちさせたい場合、髪の外側に色を補うことができるカラーシャンプーが効果的です。

しかし
  • 髪がキシみやすい
  • お風呂場や手が汚れるのがストレス

>>カラーシャンプーとは?【3つの効果】

こういったデメリットが嫌で、カラーシャンプーをあまり使いたくないという人も多いと思います。

そういった人におすすめなのが、rasica(ラシカ)カラーグロスシャンプーです。

色のついたグロスで髪をコーティングし、色落ちを軽減しながらツヤのある髪を目指します。

髪を染める訳ではないため、お風呂や手が汚れることなく普段使いもできます。

COOLタイプ
青みのある寒色系に染めている人向け(アッシュ系など)
WARMタイプ
赤みのある暖色系に染めている人向け(茶系など)

\お風呂や手が汚れない!うるツヤ/
【Amazon】

rasicaカラーグロスシャンプー

【楽天】
rasicaカラーグロスシャンプー

【公式】
rasica(ラシカ)公式サイト

1000円OFFクーポン(LINEのID連携)が使える、公式サイトがお得です。

※クーポン利用はトリートメントセット購入のみ。2021年7月調べ

せっかく髪を染めても、適当にシャンプーを選んでいるせいで色落ちが早いのは勿体ないです。

ヘアカラーの色落ちが早いと感じている人は、今すぐシャンプー剤やトリートメントを見直すべきです。

下記はガールズハッピースタイルという番組で、カラーグロスシャンプーが紹介された動画です。

洗い方の注意点

普通のシャンプーで洗う場合は、ヘアカラーをした後だからと言って普段の洗い方と気をつける部分に違いはありません。

髪を傷ませない洗い方と、色落ちを防ぐ洗い方は同じだからです。

シャンプーで気をつける事
  • お湯の温度は36度が目安
  • 強くゴシゴシ洗わない
  • できるだけ髪が濡れている時間を短くする

まとめ

よく言われる「ヘアカラー後にカラー色素が24~48時間かけて定着する」は間違っています。

ただ、ヘアカラーしてから間もないほど、残留薬剤の影響で色落ちしやすいのは確かです。

しかし、1日2日程度の時間をあけたとしても自然に減る量はとても少ないため、色落ちを気にするレベルの差はありません。

ヘアカラー後でも時間をあけず、シャンプーをしたくなったら我慢する必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました