30代で白髪が急に増える原因とは?【ショック】40代で白だらけになる防御力の低下

30代で白髪が急に増える原因白髪
白髪
こんな人におすすめのページ!!
  • 気にしていなかったのに、30代過ぎて急に白髪が増えてショックを受けている人
  • なぜ30代を過ぎると、白髪になる人が多いのか知りたい人
  • 歳だからしょうがないと思いつつも、原因を調べている人
スポンサーリンク

30代で白髪が急に増える原因

今まで白髪をあまり気にしてこなかったのに、30代から急に目立ってきて焦りながら原因を調べている人は多いと思います。

結論
  • 抗酸化酵素の作られる量が低下
  • ホルモンの分泌量が減少

これらが原因で、30代以降から白髪が増えやすくなります。

白髪とはメラニンを作る細胞に不具合がおき、髪色が作られないまま生えた髪の毛のことです。

メラニンが作られなくなる原因には、下記のようなものがあります。

白髪の原因
  • ストレス
  • 紫外線
  • 栄養不足
  • 血流が悪い
  • 睡眠の質が悪い
  • セルフカラー
  • 遺伝
  • 喫煙
  • 飲酒

>>若白髪の原因とは?【メカニズムが分かる】

白髪は30代後半あたりから気になり始める人が多いため、そこのラインに若い時との決定的な差があるという事になります。

何が原因で、30代から急に増え始めるのか解説します。

抗酸化酵素の作られる量が低下

結論

30代から抗酸化酵素が減り、細胞の劣化が加速することで白髪が増えやすくなります。

細胞は活性酸素によって酸化されることで劣化していき、これが歳をとって体が老化していく仕組みです。

活性酸素は下記の原因によって体内で増加します。

活性酸素が増える原因
  • 呼吸
  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 飲酒

これらによって増えた活性酸素は細菌やウィルスから体を守る働きがある一方、体内の細胞に酸化ダメージを与えてしまいます。

その結果、髪色を作る細胞が正常に働かなくなったり劣化することで、メラニンの生成が止まり白髪になってしまうという訳です。

この活性酸素に対抗し、細胞を守るために体内で作られる物が抗酸化酵素です。

ポイント

抗酸化酵素の量は20代がピーク

30代から徐々に減り始め、40代から減少速度がさらに早くなります。

30代すぎたあとは気づかないうちに、防御力が減っているという訳です。

成長ホルモンの分泌量が減少

結論

成長ホルモンの分泌量が減ると細胞の働きが低下し、白髪が増えやすくなります。

成長ホルモンには、細胞を活発に働かせる効果があります。

そのため、分泌量が多い時は、髪色であるメラニンの生成がスムーズです。

年齢による成長ホルモンの分泌量
10代後半(思春期後)
100%
30代40代
25%
60代
15%

30代40代になるとピーク時の4分の1程度になるため、それに合わせメラニンを作る細胞の働きも低下していきます。

40代から白髪だらけになりやすい理由

  • 抗酸化酵素
  • 成長ホルモン

これらが30代よりもさらに低下するのに加え、女性ホルモンのエストロゲンが減少することで白髪がどんどん増えやすくなっていきます。

女性ホルモンのエストロゲンが低下

女性ホルモンのエストロゲンは、40歳前後から減少していきます。

エストロゲンが減少すると
  • 自律神経が乱れる
  • 血管が狭くなり、血流が悪くなっていく

自律神経が乱れると、ストレスが溜まりやすくなります。

これは、リラックス時に優位になる副交感神経がうまく働かなくなる事が原因です。

緊張や興奮している状態が続いてしまい、疲れやすくなる事でストレスが溜まってしまうという訳です。

また、栄養や酸素は血液に乗って細胞に運ばれているため、血流が悪くなれば当然白髪が増えやすくなります。

つまり

40代からエストロゲンが減少することで、白髪が急に増えやすくなります。

白髪染めの影響

今まで髪を染めていなかった人でも、30代すぎて白髪が気になり始めると白髪染めをする人が多くなります。

ヘアカラーの白髪染めには活性酸素の1つでもある過酸化水素が含まれているため、細胞に酸化ダメージを与えてしまいます。

上記でも解説しましたが、30代以降は抗酸化酵素が減るため酸化ダメージに弱い状態です。

つまり

30代過ぎて白髪染めを定期的に行うようになる事が、40代で白髪だらけになる原因にもなります。

ヘアカラーではなく、ヘアマニキュアやカラートリートメントであれば過酸化水素は含まれていません。

30代過ぎてからは、とくに白髪対策が重要となります。

白髪対策
  • 育毛剤や頭皮エッセンス(ローション)を使う
  • 食べ物で栄養補給
  • 白髪サプリで効率的に栄養摂取
  • マッサージで血流促進
  • 作り笑顔でストレス解消したり睡眠の質を上げる
  • 紫外線を防ぐ【30代40代はとくに重要】
  • 美容室で染めてもらう
  • セルフの白髪染めはヘアマニキュア

>>白髪対策とは?【頑張らなくてイイ】

>>白髪を黒髪に戻すことは可能?【シャンプーの真実】

加齢によって17型コラーゲンが減少する事も原因

17型コラーゲンが不足して白髪になってしまう理由は、下記で解説しています。

>>白髪のメカニズム-17型コラーゲンが不足

17型コラーゲンは、加齢によって減少していきます。

減る理由は完全に解明されている訳ではありませんが、DNAの損傷が原因と考えられています。

細胞分裂によって髪は作られますが、その時に損傷してしまうのが細胞のDNAです。

加齢によって、このDNAの損傷を治す際に17型コラーゲンが分解されやすくなるという事らしいです。

分解されやすくなる具体的な年齢などは分かっていませんが、加齢によって減少してしまう事は分かっています。

つまり

加齢で17型コラーゲンが減少しやすくなることが、白髪が増える原因になります。

男性と女性の白髪を気にする年齢差

男性と女性で白髪を気にし始める年齢には微妙に差があります。

男性と女性の白髪を気にする年齢差

出典元:株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー-白髪・グレイヘアに関する意識調査2020

これを見ると、女性の方が少しだけ、白髪を気にし始めるのが遅いことがわかります。

女性
40代前半
男性
30代後半

もちろん個人差はありますが、自分は他の人より白髪が増え始めるのが早いかどうかの参考になると思います。

まとめ

目には見えませんが、30代を過ぎると守ってくれていた抗酸化酵素やホルモンなどが減少しています。

若い時は大丈夫だった行動が、白髪を急激に増やす原因になってしまう可能性があるという事です。

また、抜くと増えると言う噂もありますが、増加する原因にはなりません。

>>白髪を抜くと増える?【はげる未来】

老いを止める事は不可能ですが、行動は変えられます。

タイトルとURLをコピーしました