20代の白髪は抜くべき?【若白髪の処理】1本抜くと増えるは嘘で治す事が実現不能に

20代の白髪は抜くべきか白髪
白髪
こんな人におすすめのページ!!
  • 10代20代で白髪を1本だけ見つけ、抜こうか迷っている人
  • 抜いた場合の悪影響を知りたい人
  • 若白髪を抜くと増えると聞いて、気になった人
スポンサーリンク

20代の白髪は抜くべきか

10代20代で1本だけの白髪を見つけた場合、抜いてもいいのか迷った事がある人は多いと思います。

なんとなく抜くのは良くないと知りつつも、少しくらいという気持ちが押し寄せます。

10代20代の若白髪を抜くべきか、解説していきます。

若白髪も原因は同じ

白髪は老化現象の1つとして生えてくる事が多いです。

男性と女性で少し差がありますが、白髪は30代後半あたりから気にし始める人が多くなります。

男性と女性の白髪が気になりだした年齢

出典元:株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー-白髪・グレイヘアに関する意識調査2020

そのため、10代20代で生えてきた場合は「若白髪」と言えます。

30代以降に増えやすくなる原因については、下記で解説しています。

>>30代から白髪だらけになる原因とは?【ショック】

若白髪と30代後半以降の白髪は、生えやすさが異なるだけで仕組みや原因は同じです。

毛根の構造や細胞の動きがわかる断面図

髪の毛は毛包という所で、「形を作る細胞」と「メラニン(色)を作る細胞」によって生成されています。

メラニンを作る工程に不具合がおき、色がない状態で生えた髪の毛が白髪です。

ストレスや栄養不足など、白髪の原因として考えられる要因は多く存在します。

白髪の詳しい仕組みや原因については、下記で詳しく解説しています。

>>白髪が生える仕組みとは?【あ、急に増えた】

1本抜くと増えるは嘘

毛包と毛根鞘が分かる断面図

髪の毛は毛根鞘(もうこんしょう)が接着剤の役割をすることで、抜けないように繋ぎとめています。

白髪を抜くと接着剤を無理やり剥がす事になるため、毛包へのダメージは必然です。

そのため、細胞が正常に髪を作れなくなる原因になります。

>>白髪を抜くとハゲるのか?【根拠あり】

ただ、ダメージが入るのは、あくまで抜いた白髪の毛包のみです。

髪1本1本の毛包は、それぞれ異なるからです。

毛群の毛包が分かる断面図

髪は同じ毛穴から2~3本生えている事が多く、これを毛群と呼びます。

毛群でも1本1本の毛包は異なるため、抜いたとしても他の髪にダメージなどの影響はありません。

10代20代などで白髪が1本だけ見つかるのは、髪を作っている毛包や細胞が別々だからです。

つまり

他の髪には影響がないため、白髪を抜いても増える事はありません

スポンサーリンク

抜いたら増えたと勘違いする理由

白髪は加齢と共に生えやすくなるため、徐々に増えていくのが一般的です。

白髪を抜く場合、所々に1本ずつ生えているような少ない状態の時だと思います。

その状態は加齢による白髪の生え始めの可能性があり、抜かなかったとしても白髪が増えやすい時期です。

つまり

白髪を抜きたくなる本数の時期は、何もしなくても増え始める可能性が高い

そのため、とくに20代後半や30代前半では、白髪を抜いたら増えると勘違いしやすいです。

また、白髪を抜くと脳内で分泌されるホルモンにより、楽しいと感じる事があります。

>>白髪を抜くのが楽しい理由とは?【やめられない】

白髪が増える時期に「抜く癖」がついてしまうと、ハゲる原因になるため注意が必要です。

治す事ができない白髪になる可能性

白髪の状態によっては、地毛色に治す事ができます。

そこで重要になってくるのは、毛包に存在する色素幹細胞の有無です。

色素幹細胞は髪色(メラニン)を作る根源となる細胞で、自らのクローンを生成する事で数を維持しています。

>>白髪を黒髪に戻すことは可能?【シャンプーの真実】

それ以外で増やす事はできないため、色素幹細胞が一度でも消滅すると復活できません。

つまり

毛包の色素幹細胞が消滅してしまっている白髪は、何をしても治す事ができない

白髪に色素幹細胞が残っているか、自分で調べることはできません。

残っていて治す事ができる白髪だった場合、抜いたダメージが色素幹細胞に悪影響を与える可能性があります。

それが原因で消滅してしまえば、治せない白髪になってしまうという事です。

つまり

抜く処理を行っていると、治す事ができない白髪になってしまう可能性がある

色素幹細胞は加齢で減少していく傾向にあるため、20代10代と若いほど残っている可能性があります。

【結論】多ければ染める、少なければ切る

白髪の処理方法は下記の3つです。

  • 抜く
  • 切る
  • 染める

抜く処理にもメリットはありますが、解説した通りデメリットが大きいです。

>>白髪を抜くメリットとデメリットとは?【決めるのはアナタ】

切る方法は白髪がまた見え始めるまで期間が短いですが、毛根へのダメージはありません。

白髪が多い場合は切っても目立つことがあるため、本数が少ない場合に適しています。

染める方法は頭髪にダメージを与えますが、一気に多くの白髪を処理する事ができます。

つまり

20代の白髪処理は「少なければ切る」「多ければ染める」がおすすめ

また、染める場合の頭髪ダメージは、カラー後のケアで大きく変わってきます。

カラー後は必ず薬剤成分が残留してしまい、これが頭髪に悪影響を与えてしまうからです。

細胞の劣化(老化)に繋がる成分もあり、白髪や抜け毛の原因になりかねません。

カラー剤による残留薬剤の対策をしたい場合、「ZEROカラーケアフォーム」がおすすめです。

\色持続!カラー後の自宅ケアに/
【Amazon】

ZERO カラーケアフォーム

【楽天】
ZERO カラーケアフォーム

【Yahoo】
ZERO カラーケアフォーム

カラー後の数日~1週間前後シャンプー前に使用することで、残留したカラー剤成分の対策ができます。

まとめ

10代20代の若白髪を1本抜いても、増える事はありません。

しかし、毛根へのダメージによって、生えなくなったり地毛色に治る可能性を減らしてしまいます。

白髪の本数が少なければ切る、多ければ染めることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました