白髪対策とは?【頑張らなくてイイ】30代40代でも遅くない!女性と男性別の重要点

白髪対策白髪
白髪
こんな人におすすめのページ!!
  • 白髪が気になり始め、効果的な方法を焦りながら探している人
  • 何かしても効果ないと思いつつも、白髪対策を検索している人
  • 白髪のために何かしていないと不安な人
スポンサーリンク

白髪対策をするメリット

白髪が気になり始め「何かしないと!」と効果的な方法などをネットで調べている人は多いと思います。

結論
  • 白髪の原因が改善されることで、黒髪に戻る可能性がある
  • これから増える白髪の予防に繋がる

白髪対策とは髪色のメラニンを作っている細胞を、正常に働かせる事を目的として行うものです。

一度なった白髪は黒髪に戻らないと思っている人は多いですが、原因次第で戻すことは可能です。

マウスを使った論文や、白髪の根元が黒く戻っている髪を研究したデータなどが根拠となります。

>>白髪を黒髪に戻すことは可能?

また、白髪対策を行うことで細胞を正常な状態に保つことができるため、今後生えてくる白髪予防にもなります。

白髪の原因

毛根の構造や細胞の動きがわかる断面図

髪色のメラニンを作っている細胞
  • 色素幹細胞
  • メラノブラスト
  • 色素細胞(メラノサイト)

これらの細胞が正常に働かなくなり、メラニンを作らなくなる事で白髪になります。

黒髪に戻る可能性があるのは、メラニン生成の根源である色素幹細胞が残っている白髪のみです。

色素幹細胞は一度でもゼロになってしまうと、現在の医学では復活させることができないからです。

細胞に不具合をおこしてしまう原因は、下記のような事があげられます。

白髪の原因
  • ストレス
  • 紫外線
  • 栄養不足
  • 運動不足
  • セルフカラー
  • 遺伝

>>白髪が生える仕組みとは?【あ、急に増えた】

これらの中でも、白髪になってしまうのはストレスの影響が大きいとされています。

そのため、一番さけたいのは白髪対策を頑張る事や使命感が、ストレスになって逆効果になってしまう事です。

白髪対策を解説していきますが、自分に合わないと思ったら無理して頑張る必要はありません。

白髪対策

白髪対策を行って改善するかは、運的要素も大きいです。

黒髪に戻るにはメラニンの根源となる色素幹細胞が有ることが条件ですが、残っているか自分では分からないからです。

育毛剤や頭皮エッセンス(ローション)を使う

髪色のメラニンを作る細胞を活発にする成分などは、次々に研究開発されています。

根本となる原因を改善することを目的とした成分です。

白髪に対して効果のある成分
  • ブラックリバース処方
  • DARKENYL™️(ダークニル、ダーケニル)
  • ヘマチン
  • メリタン

成分の特徴などは、下記で詳しく解説しています。

>>白髪を黒髪に戻すシャンプーや成分【シャンプーの真実】

また、頭皮や髪のケア商品は下記のような種類があります。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • トリートメント
  • 育毛剤(頭皮エッセンス)

こういったケア商品の中ではシャンプーを探している人が多いようですが、一番効果があるのは育毛剤や頭皮エッセンス(ローション)などです。

シャンプー剤は洗い落とすもので、育毛剤などは頭皮に成分を塗布するものだからです。

どちらに有効成分が入っていた方が効率的かは、一目瞭然だと思います。

食べ物で栄養補給【妊娠している女性はとくに重要】

結論

海苔が最強食材

白髪対策に有効な食べ物は、下記のような栄養成分が含まれている食材です。

黒髪を維持する重要な栄養素
  • チロシン
  • 抗酸化物質
  • ヨード
  • ビタミンC

>>黒髪を維持するために必要な栄養素

これらの栄養素を豊富に補う事ができるのが、海苔です。

ただ、この中で日本人で不足しやすいのはビタミンや抗酸化物質だけのため、サプリメントを飲んでまで対策する事はおすすめしません。

>>白髪サプリが効かない理由とは?【それ無駄です】

また、妊娠している女性はお腹の赤ちゃんの分も必要のため、していない時に比べ栄養が不足しやすいです。

そのため、妊娠してから白髪が増えた場合には、一時的な栄養不足によって白髪になっている可能性があります。

栄養不足が原因の場合は、早めに必要な栄養を補う事で黒髪に戻る可能性が高いです。

マッサージで血流促進

メラニンを作るために必要な栄養や酸素は、血液に乗って細胞へ運ばれます。

血液は筋肉の動きを利用して移動するため、凝った状態では血流が悪くなってしまいます。

メラニンを作る細胞が正常に働くためには、血流が良い状態を保つ必要があるという事です。

血流のスタート地点は心臓のため、下記のマッサージが白髪対策として有効となります。

白髪に効果のあるマッサージ
  • 頭皮マッサージ
  • 胸筋のマッサージ
  • 肩のマッサージ
  • 首のマッサージ

メラニンを作る細胞と髪を作る細胞は同じ場所にいるため、髪の毛を早く伸ばすマッサージのやり方を参考にしてください。

>>髪の毛を早く伸ばすマッサージ

作り笑顔でストレス解消したり睡眠の質を上げる

ストレスを受けると、下記の2つが増加します。

  • 活性酸素
  • ノルアドレナリン

これらは白髪の原因になってしまいますが、ストレスを受けないように生活する事は不可能です。

そのため、溜めないように定期的に解消する必要があり、簡単にできる方法としておすすめなのが「笑顔を作る事」です。

作り笑顔の効果
  • ストレスを軽減(コルチゾールの減少)
  • 幸せホルモンと呼ばれるセロトニン分泌

コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれ、ストレスを感じた時に増加します。

作り笑いをするとコルチゾールの量が減少する事が分かっているため、ストレス解消効果があるという事です。

また、セロトニンの分泌量を増やすと、それに比例して寝ている時に分泌されるメラトニンも増加します。

メラトニンの分泌量を増やす事は、睡眠の質を良くする事に繋がります。

メラトニンの効果

とても強い抗酸化作用

食べ物に含まれる抗酸化作用の栄養よりも効果が高いとされているため、白髪対策として睡眠の質を上げる事はとても有効です。

紫外線を防ぐ【30代40代はとくに重要】

紫外線を浴びると、活性酸素が増えます。

メラニンを作る細胞にとって、活性酸素による酸化は悪影響になるため増やさないようにする事が白髪対策になります。

白髪対策
  • 髪や頭皮用の日焼け止めをつける
  • 帽子をかぶる
  • 日傘をさす

とくに30代40代と年齢を重ねていくと、活性酸素の影響を受けやすくなります。

これは、酸化を抑えるために体内で作られる抗酸化酵素の量が、加齢によって減ってしまうからです。

美容室で染めてもらう

カラー剤には、発色をよくするために過酸化水素水が含まれています。

過酸化水素は活性酸素の内の1つでもあり、細胞に酸化ダメージを与えてしまうものです。

美容室で染めてもらうメリット
  • サロン用のカラー剤の方が、過酸化水素水の揮発性が高いため頭皮に残りづらい
  • 美容室によって、残留過酸化水素(残留オキシ)の除去をしてくれる
  • 頭皮についてしまう薬剤の量が減る

ヘアカラーで染める場合には、プロの美容師さんに染めてもらうことが白髪対策になります。

セルフの白髪染めはヘアマニキュア【男性はとくに重要】

とくに男性の場合は、染めるための手間やお金を抑えるためセルフで染めたい人は多いと思います。

セルフで行う場合には、ヘアマニキュアなどの髪の外側を染めるタイプのものであればダメージとなる過酸化水素は含まれていません。

髪外側を染める染色力が強い順
  1. ヘアマニキュア
  2. カラーバター
  3. カラートリートメント
  4. カラーシャンプー

ダメージはありませんが、そのぶんデメリットが存在します。

デメリット
  • 仕上がりの色味が薄い
  • 色持ちが悪い(ヘアマニキュアで2~3週間ほど)
  • ベースの髪色よりも明るくする事ができない

白髪染めであればヘアマニキュアの選択肢もありますが、ヘアカラーのようにオシャレ染めをしたい場合にはあまりおすすめしません。

まとめ

白髪対策は、メラニンを作る細胞を正常に働かせるようにする事ができます。

色素幹細胞が残っていれば、改善して黒髪に戻る可能性もあります。

また、予防効果もありますが、何もしていない時と比較ができないため実感しづらいです。

白髪対策を頑張ることがストレスにならないよう、無理のない範囲で行う事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました